スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

なぜ文章がわかりにくくなるのか

今日も今日とて原稿を書いておった。
「せっせせっせ」という言葉がしっくりくる。
  
ほんとは「だーっと」とか「ぶわーっと」書いたりしたいのだけども、
いかんせん、僕は睡眠時間を6時間はとらないと、
文章を書くところではなくなる。
なので、毎日少しずつコツコツ書くしかないのですなあ。

前のエントリでは「清涼院流水の小説作法」より、
「向上心のある書き手のスタンスには3つのタイプある」
というトピックスを紹介したが、
今日は「なんだかわかりづらいなあ」という文章に2つ遭遇。
 
2つとも、いままさに書いている自分の原稿なんだけども、
読み返せばすぐに原因が判明。
本筋から外れた情報が邪魔になっている。
削除すれば、すっきりわかりやすくなった。

なら初めから書かなきゃいいやん、ということなんだが、
書いているときは、「ここは本筋からやや外れるが触れておこう」と
いう気持ちでつい足してしまっている。
そこが、後で読むとひっかかってくるのである。

他人の文章でも「わかりにくい文章」というのは
大抵は余分な情報によるケースが多い。
順番をいれかえたり、割愛することでうまくいく。
本人はサービス精神のつもりでも
裏目に出てることが少なくないのだ。

だけど、脱線したり、余計なことを書きながらも、
なお、すらすら読めて面白い文章というものもある。
東海林さだおや三浦しをんのエッセイなんかがそうだ。
笑福亭鶴瓶のしゃべりのように、
寄り道しながら、楽しませる芸が確かにある。

そんなのもいつか書いてみたいが、
いまはまだ残念ながら、筆力が足りない。


メロンの丸かじり (文春文庫)メロンの丸かじり (文春文庫)
(2011/11/10)
東海林 さだお

商品詳細を見る


極め道―爆裂エッセイ (光文社文庫)極め道―爆裂エッセイ (光文社文庫)
(2007/06)
三浦 しをん

商品詳細を見る

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

著作一覧
プロフィール

真山知幸

Author:真山知幸
真山知幸。執筆業。著書に『大富豪破天荒伝説』(東京書籍)、『君の歳にあの偉人は何を語ったか』(星海社新書)、『天才100の名言』『不安な心をしずめる名言』(PHP研究所)、監修に『恋する文豪』(東京書籍)など。他の筆名含めて著作は計23冊(うち監修2冊)。名古屋外国語大学で現代国際学特殊講義など。
【メール】
mayama.tomoyuki(at)gmail.com
※ (at) は @ に置き換えて下さい

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。