『石川くん』 (枡野浩一著、集英社文庫)

石川くん (集英社文庫)石川くん (集英社文庫)
(2007/04/20)
枡野 浩一

商品詳細を見る


偉人たちを取り上げた本は世の中にあまたがあるが、
この本は異色中の異色。
歌人の枡野浩一が石川啄木をけなしまくっているのである。

彼が怠けもので仕事をしょっちゅう休んでいたこと、
毒舌で他人を辛らつにけなしていたことなどをからかい、
しまいには身長の低さ(158cm)までけなす。
「もしかして、ちんちんの大きさも気にしてる?」とまで!

いやあ、この本、実に面白いんだな。
けなしまくってるからじゃない(それもあるけど)。
その根底に、石川啄木への愛をびしばし感じることができるからだ。

愛のあるいじりは難しい。
でもだからこそ、読んでて楽しい。
ああ、石川啄木のダメなところも全部魅力なんだ。

こんな歌もあるのだ。さすが、石川くん!


「一度でも我に頭を下げさせし
人みな死ねと
いのりてしこと」





スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

著作一覧
プロフィール

真山知幸

Author:真山知幸
真山知幸。執筆業。著書に『大富豪破天荒伝説』(東京書籍)、『君の歳にあの偉人は何を語ったか』(星海社新書)、『天才100の名言』『不安な心をしずめる名言』(PHP研究所)、監修に『恋する文豪』(東京書籍)など。他の筆名含めて著作は計23冊(うち監修2冊)。名古屋外国語大学で現代国際学特殊講義など。
【メール】
mayama.tomoyuki(at)gmail.com
※ (at) は @ に置き換えて下さい

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR