喫煙者に寛大になるとき、殺意を覚えるとき

タバコをやめてどれくらい経つだろう。
8年くらいだろうか。

それでもいまだに吸いたくなる。
なんだかな~、と思うときに吸いたくなる。
あるでしょう、なんだかな~と思うのときが人生には。
そんなときにタバコはいいもんだ。
止めている年月が重過ぎて
1本に手が伸びていないだけで
吸いたいと思うときはしばしばある。
 
僕はラークマイルドを吸っていたのだが、
あまり人気がないのか、吸っている人をみない。
そのことも禁煙が続いている理由の一つだろう。
銘柄が違えば、見ても吸いたいとは思わないもんだ。

それにしても、この前、何気なく自動販売機をみたら、
トンデモない値段になっていて驚いた。
そしてまたまた増税するらしい。

たばこ増税検討、1箱最大50円…復興財源に
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110706-00001178-yom-bus_all


たかだか嗜好品が、
ここまで目の敵にされると違和感を禁じえない。
前あげたばかりじゃない。

タバコの時間が至福の時間だという人もいるだろう。
酒飲んで一服しながら本を読む。
もうそんなことが許されない世の中になるのか。
自分は今のところ再開する予定はないが、
少し寂しい気がする。

だが、しかし、今日も駅前の交差点で見かけた
ポイ捨てのおっさんのことを考えると、
いい気味だとも思ってしまうのが複雑なところ。
道路に平然と捨てる神経が全く理解できない。

喫煙者の真の敵は、嫌煙家ではなく、
マナーの悪い喫煙者。
それだけは間違いない。


禁煙にすればするほど煙たくなるニッポン (扶桑社新書)禁煙にすればするほど煙たくなるニッポン (扶桑社新書)
(2008/11/27)
山本 直治

商品詳細を見る
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

ですね

ほんとにその通りだと思います。
一部の残念な人達が全体のイメージを悪くしているんでしょうね。

ちなみに自分は3月の震災から一本も吸わなくなりました。
なんとかなるもんですね。

Re: ですね

お会いしたときも、禁煙、余裕そうでしたね~。
やりますなあ。
今はタバコが、あまりにも高い!
あれをまた吸い始めるのは根性がいりますねえ。
著作一覧
プロフィール

真山知幸

Author:真山知幸
真山知幸。執筆業。著書に『大富豪破天荒伝説』(東京書籍)、『君の歳にあの偉人は何を語ったか』(星海社新書)、『天才100の名言』『不安な心をしずめる名言』(PHP研究所)、監修に『恋する文豪』(東京書籍)など。他の筆名含めて著作は計23冊(うち監修2冊)。名古屋外国語大学で現代国際学特殊講義など。
【メール】
mayama.tomoyuki(at)gmail.com
※ (at) は @ に置き換えて下さい

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR