スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「グラゼニ」(森高夕次・アダチケイジ/講談社)

グラゼニ (1)グラゼニ (1)
(2011/05/23)
森高 夕次、アダチ ケイジ 他

商品詳細を見る


野球やサッカー漫画はもう出尽くしちゃって、
新しい視点は難しいんでないかなあ、なんて思っていたが、
探せばあるものである。

野球選手の給料を切り口に、プロの厳しさを描いたのが本作。
いや、切り口というか、ほぼカネの話である(笑)。

主人公は凡田夏之介。
球団「スパイダーズ」の中継ぎ投手で、
高卒でプロ入りし8年目を迎える。
年棒は1800万円。
冒頭に書いてあるように、一見、
サラリーマンよりも稼いでいあるかに見える。
だが、凡田はそうではないと力説する。


「30越えたらあと何年できるか分からない商売なのです。
ちなみに引退してコーチや解説者になれる人は
ほんのひと握りです!
引退の翌年--年収100万円台になった人を
僕は何人も知っている!
だからプロ野球選手の絶頂期と言われる
この26歳ののときに年棒1800万ってのは
全然ダメなんです!」



うーむ、なるほど・・・。
思えば、サラリーマンでいえば、これから働き盛りという時期に
プロ野球選手は第二の人生を模索しなければならない。
もちろん、そこまでプロとして続けられればの話だが・・・。

契約を保留しては、
何千万ももらっているんだからいいじゃない、と呆れられ、
こじれれば「銭闘」などと言われるが、そう考えれば、
必死になるのも当然かもしれない。

これだけ最初から最後まで
カネの話を中心にしているのに、
決して殺伐とした内容ではない。
むしろ、チームメイトを思う気持だったり、
温かい感じがするのは、
夏之介の銭ゲバでは決してない、
愛すべきキャラクターの力が大きいだろう。

野球だけに限らず、
プロフェッショナルであることの厳しさと、
だからこそ感じられる面白さを教えてくれる1冊。





スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

僕も

この漫画、最近週刊化されててちょいちょい気になってたんですよね。

原作は森高夕次(コージィ城倉)でしたか。

Re: 僕も

そうそう、原作がコージィ城倉なんです。
結構、話題になっていますよね。
この切り口でどこまで続けられるのか、
どう展開していくかに注目しています。
著作一覧
プロフィール

真山知幸

Author:真山知幸
真山知幸。執筆業。著書に『大富豪破天荒伝説』(東京書籍)、『君の歳にあの偉人は何を語ったか』(星海社新書)、『天才100の名言』『不安な心をしずめる名言』(PHP研究所)、監修に『恋する文豪』(東京書籍)など。他の筆名含めて著作は計23冊(うち監修2冊)。名古屋外国語大学で現代国際学特殊講義など。
【メール】
mayama.tomoyuki(at)gmail.com
※ (at) は @ に置き換えて下さい

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。