「羽生さん歩き」で冬を味わう

毎朝、駅までバスで降りていたんだけど、
よく考えれば、たかだか徒歩15分の距離。
運動になるし、できるだけ歩くことにした。

歩いている最中、頭はどうしても、
抱えている仕事のことに向かいがちだ。
でも最近はあえて、頭を空っぽにするようにしている。
すると、これまで見過ごしていたような、
ちょっとした風景も目に留まるようになった。

実はこれ、将棋棋士・羽生さんの真似だったりする。
NHK番組の「プロフェッショナルの流儀」によると、
羽生さんは、渋谷駅から千駄ヶ谷の将棋会館まで
2キロの道のりを歩いていくそうだ。

その間、まわりの景色は一切目に入らないと言う。
何も考えず、ただひたすら無心で歩く。

20代は道すがらも戦術を練っていた羽生さんだが、
今はあえて白紙で勝負に挑むようにしているとか。
来るべき戦いに備えて、
思考のメリハリをつけるためだ。

もっとも私の場合は、
同じく頭脳労働が控えているとはいえ、
将棋ほどの過酷さはないので、
景色くらいは楽しみたいところだけども。

やる前は億劫な気持ちもありましたが、
キリリとした冬の空気をまとい、ずんずん歩くのは、
やってみると意外に気持ちがいい。

みなさんも「羽生さん歩き」で
冬を味わってみては、いかがだろうか。

 

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

著作一覧
プロフィール

真山知幸

Author:真山知幸
真山知幸。執筆業。著書に『大富豪破天荒伝説』(東京書籍)、『君の歳にあの偉人は何を語ったか』(星海社新書)、『天才100の名言』『不安な心をしずめる名言』(PHP研究所)、監修に『恋する文豪』(東京書籍)など。他の筆名含めて著作は計23冊(うち監修2冊)。名古屋外国語大学で現代国際学特殊講義など。
【メール】
mayama.tomoyuki(at)gmail.com
※ (at) は @ に置き換えて下さい

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR