なつかしの『「松本」の『遺書』」(松本人志/朝日文庫)

「松本」の「遺書」 (朝日文庫)「松本」の「遺書」 (朝日文庫)
(1997/07)
松本 人志

商品詳細を見る


毎日、古本屋に立ち寄って100円文庫をチェックしている。
今日は、こんななつかしの本を買った。
いわずと知れた、ダウンタウン松本のコラム。

1994年の単行本『遺書』と1995年の単行本『松本』を合本して、
この文庫が1997年に発刊されたのだが、
最初の『遺書』は、250万部も売れた。
麒麟・田村の『ホームレス中学生』も大ベストセラーだが、それよりも上回っている。
放送作家・高須とのラジオでも、この印税の振込みが多額すぎて、笑けてきたと
語っていたが、それほど現実感のない数字をたたき出した本なのだ。

なぜか近所の祖父の家では、週刊朝日を定期購読していたので、
僕はこの連載をリアルタイムで読んでいた。
しかし改めて読んで気づいたことがいくつかある。

まず、際立っているのが「構成力」。
一つのテーマを決めて、脱線はしない。
メッセージが明確で、それを巧みな比喩を用いて畳み掛けてくる感じ。
意外と2つ、3つくらいの要素を入れたくなるものだが、
捨てるところは捨てて、これでもかというほどわかりやすく書いている。

そしてもう一つが、書き手のキャラを確立させてること。
この場合は「横柄で自信満々のダウンタウン松本」を前面に出している。
そこに少しの揺るぎがないのが心地いい。

ドラマに出ない、CDを出さない、あたりにつっこむ今の読者もいるようだが、
状況も変わるし、人の活動方針なんて時代に応じて変化して当たり前だ。
ましてや芸人の書くものにそんなことはどうでもいい。

横柄な著者、松本は「自分の笑いをわからんやつはわからんでいい」
「アホはほっておく」と暴言を放ちながら、
しっかりとアホな読者にも伝わるように、
わかりやすいスタンスで、わかりやすい論旨を持って、
一見、過激に吼えまくる。
このことがすごい。


売れるべきして売れた本と言えるだろう。




スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

著作一覧
プロフィール

真山知幸

Author:真山知幸
真山知幸。執筆業。著書に『大富豪破天荒伝説』(東京書籍)、『君の歳にあの偉人は何を語ったか』(星海社新書)、『天才100の名言』『不安な心をしずめる名言』(PHP研究所)、監修に『恋する文豪』(東京書籍)など。他の筆名含めて著作は計23冊(うち監修2冊)。名古屋外国語大学で現代国際学特殊講義など。
【メール】
mayama.tomoyuki(at)gmail.com
※ (at) は @ に置き換えて下さい

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR