実は危険な体育の授業

「首の骨折れたらどうすんのよ・・・」
 
僕は体育の授業では事あるごとにそう思っていた。

悪ふざけして体育館の2階から飛び降りたり、マットでバク転したりとか、まあそういう猿どもは、本人の自由なので、まあ別によろしいのだが、授業でやるとなれば別。
結構、危険なことをやらせてると思う。
いやいや、ちょっと足滑らして打ち所悪かったら死ぬんじゃないの、みたいな。

ビビりなので、そんな心配だけは人一倍あり、
いかに危険なく体育の授業をやり過ごすかが
僕の青春時代における重大な課題なのであった。

で、こんなニュースを読むたびに、やはり、と思うのだ。

組み体操で重い障害、県に622万円支払い命令
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110426-00000456-yom-soci



もちろん、レアケースだろう。
しかしだからと言って、そんな危険を冒してまで運動ってせにゃいかんのだろうか?
勉強と違って受験があるわけでもない。
思いの思いのレベルで体動かすのを楽しめばよいのではないかい?
平均値で煽って、同級生で競わせて、無理させて、あげくのはてにはこんな事故。

そもそも体育の教師は、運動ができる種族なので、できない人間の気持はわからん!
彼らはスポーツマンが好きなのであって、もやしっ子に体を動かす楽しみなど教えるつもりもないのだ。
脳みそも筋肉ででてきるから無理もなかろうが、監督の仕方も隙だらけでこんな事故が起きるのである。

僕が体を動かす楽しさを知ったのは、すべて社会人になってから。
学校教育は苦手意識を植え付ける以外は、何の役目も果たさなかった。
まあ散々に恥をかかせてくれたことだけは、その後のバネになりましたがね。

こんなもんは戦時中の兵隊育成のなごりでしょうが。
全くもってナンセンス。
日本の体育教育については、必ず死ぬまでに1冊書くので、覚えておくよーに。







スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

著作一覧
プロフィール

真山知幸

Author:真山知幸
真山知幸。執筆業。著書に『大富豪破天荒伝説』(東京書籍)、『君の歳にあの偉人は何を語ったか』(星海社新書)、『天才100の名言』『不安な心をしずめる名言』(PHP研究所)、監修に『恋する文豪』(東京書籍)など。他の筆名含めて著作は計23冊(うち監修2冊)。名古屋外国語大学で現代国際学特殊講義など。
【メール】
mayama.tomoyuki(at)gmail.com
※ (at) は @ に置き換えて下さい

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR