スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自由律俳句は僕らをやさしく包む

自由律俳句といえば、この2人が思い浮かぶ、。
大正時代に活躍した尾崎放哉や種田山頭火である。
両人を知らない人でも、尾崎の「咳をしても一人」、
山頭火の「分け入つても分け入つても青い山」の作品は耳に覚えがあるだろう。
2ちゃんねるのまとめサイトで「咳をしてもゆとり」というものもある。
思わず笑ってしまったが、なかなかにウマい。

そんな自由律俳句をもっとポップに、
そして生活に密着したものとして遊び倒しているのが、この2冊だ。
著者は文筆家のせきしろとお笑いコンビ「ピース」の又吉直樹氏。
1冊目の帯は穂村弘が、2冊目の帯は俵万智が書いている。

カキフライが無いなら来なかったカキフライが無いなら来なかった
(2009/06/25)
せきしろ、又吉 直樹 他

商品詳細を見る


まさかジープで来るとはまさかジープで来るとは
(2010/12/16)
せきしろ、又吉 直樹 他

商品詳細を見る


・ ひなたぼっこをしているのか置き去りなのか老人

・ 初対面の気がしないと言われても困る

・「で」という顔で待たれている

・ イントロは良かった

・ 姿勢が良すぎる人とすれ違う

・ さっきのオーダー今から作り始めるようだ

あるあるネタと似て非なるのは、説明しすぎないところだ。
読み手の情景を思い浮かべる力をぐんと引き出してくれる短い言葉たち。
ああ、わかるなあ、と思いながらも、
実際に本当にそんな場面があったのかどうかは定かではない。
読み手それぞれの「そういう類のこと」がなんともいえない可笑しさと、
気恥ずかしさ、滑稽さを感じさせてくれる。

日常が味わいつくす言葉たち。
それさえあれば、幸せに暮らせるのだと僕は思っている。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

著作一覧
プロフィール

真山知幸

Author:真山知幸
真山知幸。執筆業。著書に『大富豪破天荒伝説』(東京書籍)、『君の歳にあの偉人は何を語ったか』(星海社新書)、『天才100の名言』『不安な心をしずめる名言』(PHP研究所)、監修に『恋する文豪』(東京書籍)など。他の筆名含めて著作は計23冊(うち監修2冊)。名古屋外国語大学で現代国際学特殊講義など。
【メール】
mayama.tomoyuki(at)gmail.com
※ (at) は @ に置き換えて下さい

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。