スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

格差なき病、それは梅毒

『〇〇の世界史』というタイトルの本もいささか食傷気味ですが、『性病の世界史』は面白いです。草思社が2003年に発行した『王様も文豪もみな苦しんだ性病の世界史』という本が、2016年2月に文庫化されたもの。
 


文庫 性病の世界史 (草思社文庫)


著者は1971年、ドイツに生まれたピルギット・アダムという作家で、女性なんですね。中世の浴場や村の男女が集まる紡ぎ部屋、そして、協会の懺悔室までも、男女の欲がうずまいており、性病の温床になっていた……。そんな中世ヨーロッパの乱れっぷりを、冷静な筆致で綴っています。

性病は身分の差に関係なく、農民から王までを苦しめました。著者はこんなふうに書いています。


「梅毒は上下のへだてなく万人平等に感染するデモクラティックな病気であった。この病気は兵士や流れ者や娼婦といった、いわば社会の底辺だけに猛威をふるったのではなく、やがて社会の最上層にまで巣食うようになったのである」


宮廷病=梅毒、そんな時代だったとか。そして、芸術家や文豪も、また梅毒に苦しみました。ボードレール、ベートベン、ハイネ、シューベルト、オスカー・ワイルドなど。もちろん、これは一部ですよ。

翻訳家の瀬野文教さんの訳が、非常に読みやすい。翻訳本は訳次第で大きく変わるので、訳者から本を選ぶのもいいかもしれません。性病の窓から、ヨーロッパをのぞいてみれば、という恐ろしくも刺激的な本です。




スポンサーサイト
著作一覧
プロフィール

真山知幸

Author:真山知幸
真山知幸。執筆業。著書に『大富豪破天荒伝説』(東京書籍)、『君の歳にあの偉人は何を語ったか』(星海社新書)、『天才100の名言』『不安な心をしずめる名言』(PHP研究所)、監修に『恋する文豪』(東京書籍)など。他の筆名含めて著作は計23冊(うち監修2冊)。名古屋外国語大学で現代国際学特殊講義など。
【メール】
mayama.tomoyuki(at)gmail.com
※ (at) は @ に置き換えて下さい

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。