居場所をいくつか持つということ

児童館や学童クラブごとでの対抗チームを組んだサッカー大会が、地元で開かれました。

かなり寒かったけど、子供たちは元気に走り回る、走り回る。
大会は盛り上がって、敗戦に涙を見せる子どもたちの姿も。
この大会を目標にしてきたチームもあったみたいです。

私の息子は、普段は小学校のチームに属しているので、この大会のために新しいチームに参加。
緊張してか、いつもよりプレーがしにくそうだったけど、予選も突破してよい経験になりました。
今は小学校が楽しくて仕方がないようで、それ何よりですが、今回のように外の場に出ていくことも大切だなあと。
 
子どもだけじゃありませんね。大人も居場所を複数持つのがいい。

最近は、会社をリタイアしたあと、地域活動に力を入れている人も多い様子。
会社のときの経験を、地域に活かす。マンションの役員として活躍してる人もいます。
とてもいい傾向だなあと思いますが、会社をリタイヤする前から、地域にコミットメントできればよりよいです。
 
男性はどうも新しい場に馴染むのが年々不得手になるようで、介護施設を取材したときも、女性のほうが圧倒的に、施設での友達づくりがうまいのだとか。
男性は、会社員時代の肩書きや立場での物言いが、無意識下で出てしまうこともあるようです。

人はどうしても慣れてしまうことから避けられないけど、いくつか居場所を持つことで、それぞれの居場所の心地よさも見えてきます。
 
今年もなるべくたくさん場に出ていこうと、垣根を超えたサッカー大会を1日、観戦して思いました。



スポンサーサイト
著作一覧
プロフィール

真山知幸

Author:真山知幸
真山知幸。執筆業。著書に『大富豪破天荒伝説』(東京書籍)、『君の歳にあの偉人は何を語ったか』(星海社新書)、『天才100の名言』『不安な心をしずめる名言』(PHP研究所)、監修に『恋する文豪』(東京書籍)など。他の筆名含めて著作は計23冊(うち監修2冊)。名古屋外国語大学で現代国際学特殊講義など。
【メール】
mayama.tomoyuki(at)gmail.com
※ (at) は @ に置き換えて下さい

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR