寂しい過疎の町でも日々はいつも新しい(『向田理髪店』奥田英朗)


向田理髪店


北海道の寂れた炭鉱の町にある「向田理髪店」。
客は昔から知った顔ばかりだ。

店主の康彦は、一度は札幌に出て大学生活を送り、
そのまま就職したが、結局、家業を継ぐことに。
父のヘルニアがそのきっかけだったが、それだけではなかったことが、
物語を読み進めるうちに明らかになる。

短編が連作となっている本書は、
康彦の息子が東京から戻ってきて、
後を継ぎたいと言い出すことから始まる。
 
「おれは地元をなんとかしたいわけさ。
このまま若者がいなくなったら、苫沢はどうなるべ」


父としてはうれしい息子の申し出のはずだが、康彦は懐疑的だ。
東京から来た総務省の官僚やイベントプランナーが、
講演会で過疎地の可能性を語れば語るほど、康彦の違和感は増大するばかり。
聴衆の反感を買うのを承知で、ついに口火を切ってしまう。

「東京の人たちが、自分たちはこの先乗船するつもりもないのに、
 地元の若者たちをおだてて、船にとどめようというのは、
 なんか無責任じゃねえのかって、そういうことを思うわけです」


本書は、過疎地で起こるささやかなドタバタを描きながら(なかには大事件もあるが)、
そのなかで、生き生きと暮らす人々の姿を康彦の目線を通じて描く。

通りに人気がなくても、そこに暮らしがあれば、日々はいつも新しい。


スポンサーサイト
著作一覧
プロフィール

真山知幸

Author:真山知幸
真山知幸。執筆業。著書に『大富豪破天荒伝説』(東京書籍)、『君の歳にあの偉人は何を語ったか』(星海社新書)、『天才100の名言』『不安な心をしずめる名言』(PHP研究所)、監修に『恋する文豪』(東京書籍)など。他の筆名含めて著作は計23冊(うち監修2冊)。名古屋外国語大学で現代国際学特殊講義など。
【メール】
mayama.tomoyuki(at)gmail.com
※ (at) は @ に置き換えて下さい

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR