スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

どケチな石油王ゲッティの孫が遺体で発見

getty.jpg


唸るほどの財を石油ビジネスで稼ぎ出しながらも、
恐ろしくケチだったことで有名なポール・ゲッティ。
83歳でこの世を去ったとき、こんな弔辞を送られたくらいだ。

「ポールのことを思うとき、私は金を思う」

そんなポールの孫が、遺体で発見された。47歳だった。
場所はロサンゼルスのハリウッドの自宅で、死因は不明。
接近禁止命令が出されていた元交際相手の女性が現場にいたという。

石油王ゲティ氏の孫、遺体で発見=元交際女性を聴取-米ロス
http://www.jiji.com/jc/zc?k=201504/2015040100846&g=int

ポール・ゲッティといえば、孫のポール3世が誘拐されたときに
身代金を値切りまくったという伝説を持つ。
詳しくは『大富豪破天荒伝説』を読んでいただきたいが、
今回、遺体が発見された孫とは別人である。

その孫はその孫で、誘拐事件のストレスで
(というか祖父に身代金をねぎられたストレスかもしれない)、
麻薬常習者となり、4年前に54歳ですでに亡くなっている。

石油王ゲティの孫が死去、世紀の誘拐劇の被害者
http://media.yucasee.jp/posts/index/6575?la=bn05

偉人や天才と呼ばれるような人物、そうでなくても、
ゲッティのように莫大な富を築いた人物は、
どのような親子関係を築いていたのか。
また、破天荒すぎる親が子の人生に及ぼす影響は
いかなほどのものか。

富豪の子や孫の人生も楽なものではないのだろう。
偉人の息子もたいていは悲惨だったりする。
しかし、うまく自分の道をうまく見つけている
ケースも少なからずある。

恵まれた環境と、大きすぎる親の背中を
いわば、他人の目で分析しながら、
周囲の無遠慮な期待と勝手な失望をも
呑み込みながら、自分らしく生きていく……
ことができればいいが、言うはやすしで、
なかなかそうもいかないのだろう。


大富豪破天荒伝説 Best100大富豪破天荒伝説 Best100
(2014/08/27)
真山 知幸

商品詳細を見る



スポンサーサイト
著作一覧
プロフィール

真山知幸

Author:真山知幸
真山知幸。執筆業。著書に『大富豪破天荒伝説』(東京書籍)、『君の歳にあの偉人は何を語ったか』(星海社新書)、『天才100の名言』『不安な心をしずめる名言』(PHP研究所)、監修に『恋する文豪』(東京書籍)など。他の筆名含めて著作は計23冊(うち監修2冊)。名古屋外国語大学で現代国際学特殊講義など。
【メール】
mayama.tomoyuki(at)gmail.com
※ (at) は @ に置き換えて下さい

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。