『十二の肖像画による十二の物語』(辻井邦夫/PHP研究所)

index.jpg

ある空間のある時間が切り取られた絵画から、
あれやこれやと想像するのはいかにも楽しい。
観賞する人によって、絵画の観方も千差万別である。

作家でフランス文学者の辻邦生の場合は、
肖像画から想像の羽を伸ばした。

本書は、12枚の肖像画それぞれに、
短編小説をあてがったもの。
文藝春秋から1981年に出版されたものが、
2015年に復刊される運びとなった。

『鬱ぎ(ふさぎ)』、『妬み(ねたみ)』、『怖れ(おそれ)』
『疑い(うたがい)』、『傲り(おごり)』、『偽り(いつわり)』…・・・など、
人間誰しもが持つ感情を、肖像画と小説で描き出している。

例えは『鬱ぎ』では、か弱い小動物に感情が動かされたヨハネスが、
動物が成長するにつれて、愛情を失い、むしろ邪魔な存在にすらなっていくという
身勝手な感情が描かれている。
ふさぐのはヨハネスだが、動物にとってもたまったものではないだろう。
か弱きものは、弱きものがゆえに愛されるが、
大事にされて育っていくに連れて、その愛情が注がれなくなっていくという
ジレンマを抱えることになる。

紡がれた物語は、絵の解説などではなく、それどころか、
まるで絵画作品が小説の挿絵のようにさえ感じてしまう。


十二の肖像画による十二の物語十二の肖像画による十二の物語
(2015/01/23)
辻 邦生

商品詳細を見る


表紙はポライウォーロの『婦人の肖像』。
美しい絵画と美しい文章にひたれる一冊。

スポンサーサイト
著作一覧
プロフィール

真山知幸

Author:真山知幸
真山知幸。執筆業。著書に『大富豪破天荒伝説』(東京書籍)、『君の歳にあの偉人は何を語ったか』(星海社新書)、『天才100の名言』『不安な心をしずめる名言』(PHP研究所)、監修に『恋する文豪』(東京書籍)など。他の筆名含めて著作は計23冊(うち監修2冊)。名古屋外国語大学で現代国際学特殊講義など。
【メール】
mayama.tomoyuki(at)gmail.com
※ (at) は @ に置き換えて下さい

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR