スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

震災から数日の町田康の日記

震災から2週間。
街は段々と日常の色が濃くなってきたが、
原発事故は依然として厳しい状況。

リリー・フランキー、町田康、中島らも、みうらじゅん、東海林さだお……。
自分の好きな書き手たちは、どんな思いを抱いているのだろう。
誰もtwitterもブログもやっていない。
というか、らもさんはすでにこの世にいないが・・・。


あ、町田康は公式HPで日記を書いていたはずだ。
地震の日からしばらくどんなことを書いているのだろう。




3/11
午前、原稿。出発。大磯にて面桶を食したり。
午後、地震あり。サイン会中止。
夕から夜、余震あり。


3/12
午前、原稿。出発。
午後、着到。
夕、書見。
地震被害が甚だしい。


3/13

午前、原稿。サイン会中止
午後、バークパークに参り遊戯。
バック後、書見。飲酒。仮眠。
仮眠明け、飲酒。


3/14

午前、買物。
午後、ガソリン買えず近隣歩行。
夕、飲酒。仮眠。仮眠明け、飲酒。


3/15

午前、原稿。
午後、10リットル給油の後、cafe KICHIに参り、I田氏、M沢氏とダゴー。
いったんバック後、珍火伊佐に参り歩行。10リットル給油。
バック後、飲酒。腐った演劇。


3/16

午前、原稿。
午後、珍火伊佐に参り歩行。
夕、原稿。書見。
やっと言葉に錘がとりつけられた。
不眠。




ああ、俺も原稿と格闘しよう。
やらねばならぬことはたくさんあるのでありました。


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

著作一覧
プロフィール

真山知幸

Author:真山知幸
真山知幸。執筆業。著書に『大富豪破天荒伝説』(東京書籍)、『君の歳にあの偉人は何を語ったか』(星海社新書)、『天才100の名言』『不安な心をしずめる名言』(PHP研究所)、監修に『恋する文豪』(東京書籍)など。他の筆名含めて著作は計23冊(うち監修2冊)。名古屋外国語大学で現代国際学特殊講義など。
【メール】
mayama.tomoyuki(at)gmail.com
※ (at) は @ に置き換えて下さい

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。