スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

米化学大手デュポンのルーツは「死の商人」

工場が爆発して4人死亡したという事故が起きて騒ぎになっている、米化学大手デュポン。

米化学大手デュポンの工場で爆発、4人死亡 事前に化学物質漏えい
http://www.afpbb.com/articles/-/3031864

01_pt01.jpg
ピエール・サミュエル・デュポン

デュポン家の創始者は、ピエール・サミュエル・デュポンという時計屋の息子で、ルイ16世の財務総監へと上り詰めたが、フランス革命をきっかけに、アメリカへ亡命している。

アメリカの地で、デュポン家を繁栄に導いたのは、長男のエルテール・イレネ・デュポンである。彼は火薬の改良に成功して、1812年の米英戦争で大儲けした。その後も、戦争のたびに利益を伸ばし、「死の商人」として知られるように。

え、そんなんイメージめっちゃ悪いやん、ってことで、脱・兵器産業を目指して手がけたのが、ナイロンを始めとする合成繊維だった。だから、もし「死の商人ってむしろかっこええやん」という無神経な人物だったら、今の化学会社大手としてのデュポンは生まれていないということになる。

世界の大富豪について知ることは、歴史を学ぶことであり、「世界の今」を知ること。
『大富豪破天荒伝説』では、デュポン家もランキング入りしている。


大富豪破天荒伝説 Best100大富豪破天荒伝説 Best100
(2014/08/27)
真山 知幸

商品詳細を見る



スポンサーサイト
著作一覧
プロフィール

真山知幸

Author:真山知幸
真山知幸。執筆業。著書に『大富豪破天荒伝説』(東京書籍)、『君の歳にあの偉人は何を語ったか』(星海社新書)、『天才100の名言』『不安な心をしずめる名言』(PHP研究所)、監修に『恋する文豪』(東京書籍)など。他の筆名含めて著作は計23冊(うち監修2冊)。名古屋外国語大学で現代国際学特殊講義など。
【メール】
mayama.tomoyuki(at)gmail.com
※ (at) は @ に置き換えて下さい

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。