作家志望の少女をDISる田山花袋

中年作家が弟子に恋して懊悩する、枕くんくんシーンで有名な『蒲団』。
日本の私小説の出発点とも言われる名作だが、主人公の時雄の口を借りて、結構ひどいことを言っている。

主人公の時雄が若い女性から、

「弟子にしてほしい」

という手紙をもらったときのシーンで。


「時雄も内々胸の中で、

どうせ文学を遣ろうというような女だから、不容色(※顔かたちが醜いこと)に相違ないと思った。

けれどなるべくは見られる位の女であって欲しいと思った。」



・・・って自分はこの顔で言うか!

Tayama_Katai.jpg


だけれども、会って見たならば、思いのほか可愛い娘。一緒に住むことになり、テンションあがりまくりの花袋がかわいい。

「最初の一月ほどは時雄の家に仮寓(※仮に住むこと)していた。

華やかな声、艶やかな姿、
今までの孤独な淋しいかれの生活に、何等の対照!



奥さんいるのに、興奮しすぎ!


名作は時代を超えて、何度読んでも面白い。
読書の秋。


蒲団・重右衛門の最後 (新潮文庫)蒲団・重右衛門の最後 (新潮文庫)
(1952/03/18)
田山 花袋

商品詳細を見る



スポンサーサイト
著作一覧
プロフィール

真山知幸

Author:真山知幸
真山知幸。執筆業。著書に『大富豪破天荒伝説』(東京書籍)、『君の歳にあの偉人は何を語ったか』(星海社新書)、『天才100の名言』『不安な心をしずめる名言』(PHP研究所)、監修に『恋する文豪』(東京書籍)など。他の筆名含めて著作は計23冊(うち監修2冊)。名古屋外国語大学で現代国際学特殊講義など。
【メール】
mayama.tomoyuki(at)gmail.com
※ (at) は @ に置き換えて下さい

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR