サラリーマン作家の悲哀

人と人との間に入り、調節しているだけで1日の大半が過ぎている気がしている。
そういうのも嫌いではないんだが、何か本当の人生の時間を過ごしていないような徒労感がないかといえばうそになり。


00.jpg

「何かほんとうの生き甲斐のある生活が
他にあるはずだという思い思いしつつ、
もうかなりの年になってしまった」



「私は長いこと、本職の余暇に
いろいろな文学活動もやってきたが、
それをほめてくれる人はいなかった」


(森鴎外)


執筆している時間は自由な心持で、かえって元気になっていく。

今年もあと1ヶ月と少しだが、なんだかんだで
たくさん書く機会が与えられてありがたい限り。
新しい編集者にも随分と会った。

毎日書くことはあり、待ってくれている人がいる。
日々是好日。
スポンサーサイト
著作一覧
プロフィール

真山知幸

Author:真山知幸
真山知幸。執筆業。著書に『大富豪破天荒伝説』(東京書籍)、『君の歳にあの偉人は何を語ったか』(星海社新書)、『天才100の名言』『不安な心をしずめる名言』(PHP研究所)、監修に『恋する文豪』(東京書籍)など。他の筆名含めて著作は計23冊(うち監修2冊)。名古屋外国語大学で現代国際学特殊講義など。
【メール】
mayama.tomoyuki(at)gmail.com
※ (at) は @ に置き換えて下さい

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR