米と電波時計と私

picsay-1300798194.jpg

米がない!

・・・という状況が先週にはあった。
トイレットペーパーもなかった。
牛乳のように日持ちしないものまでスーパーから消えうせた。
買う側の混乱ぶりが伝わってくる。

実際に確認していないが、現在は少し落ち着いてきているようだ。
物流ラインは生きているのだから、当然といえば当然である。
もっとも米がしばらくなくたって、何とかなる。
不安から買い溜めしてしまう気持ちもわからんでもないが、
何も慌てることはないのだ。

picsay-1300808747.jpg

それよりも困ったのは、愛用していた電波時計が狂ってしまったことだ。
電波を受けて、自ら誤差を修正する優れものだったが、一向に修正してくれない。
まいったな、と思っていたら、こんな記事が。

電波時計、東日本で自動調整できず 福島の送信所休止
http://www.nikkei.com/news/headline/article/g=96958A9C93819696E3E5E2EAE08DE3EBE2E1E0E2E3E3869891E2E2E2

そうか。
動かしているのは電池。
普通に時計として使えばいいんだ。

裏蓋を開けて、時刻を合わせる。
よし、問題なく、動く。
誤差を調節する機能は失われたが、
月に10秒くらいしか狂わないようだ。

それにしてもこやつは
福島から電波を受けて日々調節しておったのか。
散々使っておきながら、今まで全く知らなかった。

思えば、周囲には構造を知らない物だらけだ。
不便に陥るリスクが常に生活には潜んでいる。


スポンサーサイト

テーマ : 日々の暮らし
ジャンル : 日記

コメントの投稿

非公開コメント

著作一覧
プロフィール

真山知幸

Author:真山知幸
真山知幸。執筆業。著書に『大富豪破天荒伝説』(東京書籍)、『君の歳にあの偉人は何を語ったか』(星海社新書)、『天才100の名言』『不安な心をしずめる名言』(PHP研究所)、監修に『恋する文豪』(東京書籍)など。他の筆名含めて著作は計23冊(うち監修2冊)。名古屋外国語大学で現代国際学特殊講義など。
【メール】
mayama.tomoyuki(at)gmail.com
※ (at) は @ に置き換えて下さい

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR