スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

無茶振りが世界を変える?

無茶振りの技術 (日経プレミアシリーズ)無茶振りの技術 (日経プレミアシリーズ)
(2014/03/08)
高城 幸司

商品詳細を見る


日経プレミアシリーズはつい手にとってしまうタイトルが多い。ビジネスパーソンの「あるある」ネタを、マニュアルとして落とし込んでいくのがうまい。本書もまさにそうで、誰もが経験したことある「無茶振り」の技術論としているところが画期的だ。

本書にもあるが、無茶振りは上司の期待の裏返しでもある。また、無茶振りに応えることで成長することもあるだろう。無茶振りととるか、ミッションととるかでも、本人の意識は変わる。

ヒトラーやスターリン、毛沢東など独裁者なんて、日々無茶振りで、その影響で世界史が変わってしまったところもあるはずだ。そんな歴史の読み解き方も面白いかもしれない。









スポンサーサイト
著作一覧
プロフィール

真山知幸

Author:真山知幸
真山知幸。執筆業。著書に『大富豪破天荒伝説』(東京書籍)、『君の歳にあの偉人は何を語ったか』(星海社新書)、『天才100の名言』『不安な心をしずめる名言』(PHP研究所)、監修に『恋する文豪』(東京書籍)など。他の筆名含めて著作は計23冊(うち監修2冊)。名古屋外国語大学で現代国際学特殊講義など。
【メール】
mayama.tomoyuki(at)gmail.com
※ (at) は @ に置き換えて下さい

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。