東日本大震災で売れた本

東日本を襲った1000年に一度とも言われる大地震。
都内にいた僕は、自宅まで4時間かけて徒歩で帰宅した。
途中の自転車屋では、チャリを求める人で殺到していたが、
自転車が悠々と走れるような状態でもなかった。
復旧するかどうかわからん鉄道を待つよりも、
早めに徒歩を選択して正解だったと思う。
 
にしても、まさに足が棒のようになった。
限界まで来ると、手を思い切り振って歩くことで、
神経が足から手にいくように仕向けた。
余計にしんどそうに見えるが、これがなかなかに効果的なのである。
時折、ダッシュもした。
徒歩よりも楽に感じることもあった。
 
さまざまな歩き方を試しながら、脳裏に浮かんだのはこの本。
明日から必ず売れるだろう、と思っていたら、
案の定、先週の書店の売れ筋ランキングに入っていた
(八重洲ブックセンター本店、6日~12日の7位)。


震災時帰宅支援マップ 首都圏版震災時帰宅支援マップ 首都圏版
(2005/08/01)
不明

商品詳細を見る

 

これからは原発本が売れるだろう。
今まさに突貫工事で作成している出版社もあるはずだ。
原発に代わるエネルギーについては、それが可能かどうかも含めて、
冷静な筆致で書かれているものを待ちたい。
理想論に終始しないものを。


ちなみに、帰宅すると、我が家の被害は写真のように
書斎部屋の書類が散乱していたくらい。
汚いときの部屋と大して変わらなかった。


picsay-1300620866[1]



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

著作一覧
プロフィール

真山知幸

Author:真山知幸
真山知幸。執筆業。著書に『大富豪破天荒伝説』(東京書籍)、『君の歳にあの偉人は何を語ったか』(星海社新書)、『天才100の名言』『不安な心をしずめる名言』(PHP研究所)、監修に『恋する文豪』(東京書籍)など。他の筆名含めて著作は計23冊(うち監修2冊)。名古屋外国語大学で現代国際学特殊講義など。
【メール】
mayama.tomoyuki(at)gmail.com
※ (at) は @ に置き換えて下さい

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR