スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

倍返しできない人のための『ようこそ、わが家へ』(池井戸潤)

原作ファンとしては「半沢直樹」のヒットは嬉しい限り。ドラマしか観てない人は、ぜひ2作とも読んでほしいなあ。ドラマに負けないくらいスッとします。今は再び読み返しているんだけど、もはやドラマのキャスティング通りの顔しか思い浮かばない。ミッチー演じる渡真利忍は、いい味出してたなあ。


オレたちバブル入行組 (文春文庫)



オレたち花のバブル組 (文春文庫)


しかし、なかなか半沢直樹のように自分に正直に生きるのは難しいところ。実際は押しの強い人間にいいように言いくるめられたり、上司に押さえ込まれることも少なくないだろう。だからこそ、半沢のドラマがヒットしたのだろうけど、現実に即した主人公が活躍するのが、同じ作者の『ようこそ、わが家』へ。


ようこそ、わが家へ (小学館文庫)


倉田太一はまじめだけがとりえの会社員。無難に生きることを第一としていたが、ある朝、突発的に駅のホームで割り込んできた人に注意した。彼のなかの「半沢直樹」的な要素が瞬時に爆発したわけだが、そのせいで、自分の家に嫌がらせが相次ぎ大変なことになってしまう。同時に、出向先の職場でも、アクの強い営業部長の不正に気づいてしまい、勝気な女性部下とともに、戦うことに……。

半沢とは違い、倍返しどころか、やられっぱなしの倉田。くじけそうになりながらも、ギリギリのところでファイティングポーズを保つ姿には「自分もやらねば!」と奮起させてくれる。2つストーリが交差して、ぐいぐい最後まで引っ張ってくれる文庫オリジナル長編作品だ。






スポンサーサイト
著作一覧
プロフィール

真山知幸

Author:真山知幸
真山知幸。執筆業。著書に『大富豪破天荒伝説』(東京書籍)、『君の歳にあの偉人は何を語ったか』(星海社新書)、『天才100の名言』『不安な心をしずめる名言』(PHP研究所)、監修に『恋する文豪』(東京書籍)など。他の筆名含めて著作は計23冊(うち監修2冊)。名古屋外国語大学で現代国際学特殊講義など。
【メール】
mayama.tomoyuki(at)gmail.com
※ (at) は @ に置き換えて下さい

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。