スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自由研究はまだ間に合う!『目でみることば』をパクろう

早いもので、もう盆が来ております。それはすなわち、夏休みの終わりが近づいていることを意味しており……。

良い子の諸君! 宿題のほうは順調かね?今は想像できないだろうけど、大きくなって社会に出てからも


「●●さんって夏休みの宿題とか、
 早めに済ませちゃてたタイプですか?」



って聞かれるゾ。いや、これほんと。

さて、夏休みの宿題として嫌われがちなのが、読書感想文と自由研究。読書感想文は私が高額で請け負うとしても、自由研究は各自でがんばってもらうしかない。

もう実験する時間がない?
おいおい、早く育つ植物はありませんか、って……。

何も自由研究は理科系のことをやらなくてもよいのだ!
だって、自由なんでしょ。文系の自由研究のほうが絶対に楽だ!材料もいらないし・・・。

何をすればいいんだって?この本をパクりなさい!


目でみることば
おかべ たかし (著)/山出 高士 (写真)


ほら「浮き足立つ」とか「高飛車」とか「灯台下暗し」とか「拍車を掛ける」とかいう表現があるじゃない。その由来を調べて、もとになったものを写真で紹介しているのが本書。

すごい発想だ。写真も美しい・・・。いやあ、こういうのって本来の意味も知らずに、使いまくっているものなのだなあと改めて。本書には40個収録されているけど、まだまだあると思う。

載ってないものを調べてもいいし、「ことわざ」にまつわる遊びはいろいろできそう。「犬も歩けば棒に当たる」を飼っている犬で再現して写真に撮ってみたりして、ことわざを再現するのもいいし、「二度あることは三度ある」と「三度目の正直」はどっちが本当か、統計をとってみても面白いと思う。どうやって「研究」に落とし込むかは、やっているうちに見えてくるはず(たぶん……)

え、意外と面倒そうじゃないかって? 楽しむことが出来そうな題材が見つかったら、寸暇を惜しんで、打ち込むもんだって。


自由研究で苦しんでいる人がいたら、「理科系」にこだわらず、「文科系」の線も考えてみてね、というお話でした。






スポンサーサイト
著作一覧
プロフィール

真山知幸

Author:真山知幸
真山知幸。執筆業。著書に『大富豪破天荒伝説』(東京書籍)、『君の歳にあの偉人は何を語ったか』(星海社新書)、『天才100の名言』『不安な心をしずめる名言』(PHP研究所)、監修に『恋する文豪』(東京書籍)など。他の筆名含めて著作は計23冊(うち監修2冊)。名古屋外国語大学で現代国際学特殊講義など。
【メール】
mayama.tomoyuki(at)gmail.com
※ (at) は @ に置き換えて下さい

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。