スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

立川志ら乃の自伝本『うじうじ』が発売!


うじうじ



イジめられていた小学時代から、お笑いに目覚めた中高校時代……。
落語をバカにしていたときもあったという立川志ら乃が、
いかに立川志らくの弟子になり、落語道をひた走ることになったのか。
本書では、立川流の真打ちになるまでの道のりが書かれている。

自分もかかわった本なのでちょっと書きにくいのだが、
一読者としてフラットに読んでも、元気をもらえるよい本だと思う。
2週間前くらいだろうか、書店にも並び始めた。


2013-06-20 20
「俺はこういう人間だ!」と叫ぶ『ビックダディ』の横で『うじうじ』している志ら乃さん



壁にぶつかっては対策を練って、
それがまた見事に空回して、最悪の結果を呼ぶ……。
そういう展開は人生でよくあることだが、
自伝の類では、そのあたりの紆余曲折が
ばっさりと削られてしまっていることが少なくない。
それは本人が隠したい、というよりも、
『うじうじ』している過程を描いているとキリがないし、
矛盾が出てきたりして、1冊の本としてまとまりがなくなるからだろう。

でも人が行動して何かを実現していく経過では
どうしても矛盾や回り道が含まれてくるものだ。
志ら乃さんはそこをあえて描ききった。
それもまた、本書で言及されている、
変にきっちりとしてしまう性分の一つなのだろう。

志ら乃さんの「うじうじ」がとてもリアリティがあって、
思わず応援したくなってしまう。

師匠に認めてもらうための「真打ち昇進トライアル」は、
私も実際に観ていたが、
今回、本人の心境とともに書かれたものを読んで、
想像を絶するプレッシャーと葛藤があったことを知った。
とはいえ、それがまた裏目に出てしまうのだが・・・・。

立ちはだかる、師匠・立川志らくのダメ出し。
またその解釈を巡って、頭を悩ませる立川志ら乃。
この2人の関係がとてもうらやましくて、
読み終わると「師匠のある人生」に憧れることだろう。

本書の制作中に、真打ち披露会に行ったことはこのブログでも書いた。
そのときの舞台裏についても、この本では触れられている。

立川志ら乃さん、立川こしらさんの真打ち披露会へ
http://mayamatomoyuki.blog84.fc2.com/blog-entry-173.html



うじうじ悩みながらも、古典落語の道をひた走る志ら乃さん。
立川談志の孫弟子としては、最初で最後の真打ちとなったが、
これからの活躍にますます期待したい。

高座に興味のある人はぜひ一緒に独演会へ行きましょー!
実際、何人か友達連れて行ったなあ。
なかには落語が初めて人もいたが、めっちゃウケておった。

日程は、本人のブログでチェックしてみてください~。

立川志ら乃のブログ
http://ameblo.jp/st-blog/



スポンサーサイト
著作一覧
プロフィール

真山知幸

Author:真山知幸
真山知幸。執筆業。著書に『大富豪破天荒伝説』(東京書籍)、『君の歳にあの偉人は何を語ったか』(星海社新書)、『天才100の名言』『不安な心をしずめる名言』(PHP研究所)、監修に『恋する文豪』(東京書籍)など。他の筆名含めて著作は計23冊(うち監修2冊)。名古屋外国語大学で現代国際学特殊講義など。
【メール】
mayama.tomoyuki(at)gmail.com
※ (at) は @ に置き換えて下さい

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。