「攻めのリハビリ」を行う酒向正春ドクター

思わず、原稿を書く手を止めて、
「プロフェッショナル」を見入ってしまった。

http://www.nhk.or.jp/professional/2013/0513/index.html

酒向正春氏は、重症患者でも
早い段階から積極的に体を動かす
「攻めのリハビリ」を実践している。
 
目を奪われたのは、
「できなくなったこと」がリハビリによって、
「再びできるようになった」患者さんの表情に
ほとばしる活力を感じたから。

そして、患者さんそれぞれに
ストーリーがあるように、
酒向氏自身にも、
脳神経外科医からリハビリの世界へと
身を投じたストーリーがあった。

酒向氏が視力低下に教われて
手術が困難になったのは、
彼を第2の舞台へといざなうための、
用意された試練だったのかもしれない。

番組を観ていて、
太宰治の「パンドラの匣」での
言葉が頭に浮かんだ。

《人間は、しばしば希望にあざむかれるが、
しかし、また、「絶望」という観念にも同様に
あざむかれる事がある。》



パンドラの匣 (新潮文庫)パンドラの匣 (新潮文庫)
(1973/11/01)
太宰 治

商品詳細を見る

スポンサーサイト
著作一覧
プロフィール

真山知幸

Author:真山知幸
真山知幸。執筆業。著書に『大富豪破天荒伝説』(東京書籍)、『君の歳にあの偉人は何を語ったか』(星海社新書)、『天才100の名言』『不安な心をしずめる名言』(PHP研究所)、監修に『恋する文豪』(東京書籍)など。他の筆名含めて著作は計23冊(うち監修2冊)。名古屋外国語大学で現代国際学特殊講義など。
【メール】
mayama.tomoyuki(at)gmail.com
※ (at) は @ に置き換えて下さい

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR