清涼院流水のTOEIC小説『不思議の国のグプタ』が破天荒すぎる

書店に行っても、過剰なエネルギーを持つ
新刊に出合うことが、少なくなっている気がする。

本が売れないため、出版社で企画を通すのに
「類書があるのか? そしてそれは売れているのか?」という点が
より重視されるようになったのも、その一因かもしれない。
書店に行っても、同じような本が並んでおる。

そんなかでも、これはヤバいなという本はある。


不思議の国のグプタ―飛行機は、今日も遅れる不思議の国のグプタ―飛行機は、今日も遅れる
(2013/04/10)
ヒロ前田、清涼院流水 他

商品詳細を見る



ヒロ前田氏との共著という形になった、
清涼院流水氏の新刊は、TOEIC小説。
そうあの、英語試験のTOEICである。

やたら飛行機が遅れるわ、
コピー機はすぐに壊れるわ、
会社の近くには必ず新しいレストランがオープンされるわ、
出てくる企業は大企業ばかりでピクニックばかりするわ
歯医者は予約の変更を勝手に留守電に吹き込むわ……。

そんなTOEICの出題傾向として、
あるあるな展開を小説に盛り込みながら、
いじり倒したのが本書。

ほとばしるTOEIC愛!
あまりにもマニアックすぎて
電車でニヤニヤしてしまった。
筆者たちがTOEICの世界を楽しみし尽くしていることが
嫌と言うほど伝わるので、
思わずTOEICを受けたくなってしまう、という……。

小説を読みきれば、TOEICの点数も
ちゃんと上がるようになっているところが秀逸。
常軌を逸した情熱で書かれた奇書でありながら、
優れた実用書でもある不思議な1冊であります。
何度も読めるなあ、これは。


【追記】
熱量のある奇書といえは、
梅田カズヒコ氏のエレベーター本も思い出す…。


エレベスト―日本初のエレベーター鑑賞ガイドエレベスト―日本初のエレベーター鑑賞ガイド
(2008/06)
梅田 カズヒコ

商品詳細を見る



スポンサーサイト
著作一覧
プロフィール

真山知幸

Author:真山知幸
真山知幸。執筆業。著書に『大富豪破天荒伝説』(東京書籍)、『君の歳にあの偉人は何を語ったか』(星海社新書)、『天才100の名言』『不安な心をしずめる名言』(PHP研究所)、監修に『恋する文豪』(東京書籍)など。他の筆名含めて著作は計23冊(うち監修2冊)。名古屋外国語大学で現代国際学特殊講義など。
【メール】
mayama.tomoyuki(at)gmail.com
※ (at) は @ に置き換えて下さい

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR