本は地元の本屋で買おう

昨年分から税理士さんに確定申告をやってもらうことになった。
毎年、年が明けると、執筆活動と並行して、
青息吐息でやよいで青色申告をやっていたが、随分と楽になった。
「最高の人生に変わる天才100の名言」を
予定通り書き上げられたのも、
ひとえに税理士さんのおかげなのであった。

そんなわけで、できあがった書類も客観的に見ることができたのだけど、
(自分で作ったものは正直、見る気もしなかった)、
改めて、書籍代にかなりの金額を使っていることに気づく。

分かってはいたが、数字として見せられると
「こんなにも買ったかあ」としみじみ。
まるで本を買うために、本を書いているような……。

そこで思ったのが、この額すべてを地元の書店に使っていたら、
それなりに、自分を取り巻く環境に投資することに
なるのではないかということ。

書店に限らず、飲食店も服屋も、なくなったら困る店は
行ってお金を落とさないと、なくなってしまう。
好きな雑誌も立ち読みですませていたら、
休刊してしまうのと同様に。

これまでもなるべく
地元の書店で買うようにしていたが、
今期はさらにそれを徹底させよう。


先日、初めてお取り寄せの注文も。
1週間ばかりで連絡があり、昨夜、引き取りにいった。


ハンサラン 愛する人びとハンサラン 愛する人びと
(2013/02/22)
深沢 潮

商品詳細を見る


本書は在日韓国人の男女の縁を取り持つ
「お見合いおばさん」の元を訪れる在日家族たちのストーリー。
三浦しをんが推した、第11回R-18文学賞受賞作品。

読むのが楽しみだなあ。








スポンサーサイト
著作一覧
プロフィール

真山知幸

Author:真山知幸
真山知幸。執筆業。著書に『大富豪破天荒伝説』(東京書籍)、『君の歳にあの偉人は何を語ったか』(星海社新書)、『天才100の名言』『不安な心をしずめる名言』(PHP研究所)、監修に『恋する文豪』(東京書籍)など。他の筆名含めて著作は計23冊(うち監修2冊)。名古屋外国語大学で現代国際学特殊講義など。
【メール】
mayama.tomoyuki(at)gmail.com
※ (at) は @ に置き換えて下さい

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR