西村賢太は病みつきになる

二度はゆけぬ町の地図 (角川文庫)二度はゆけぬ町の地図 (角川文庫)
(2010/10/23)
西村 賢太

商品詳細を見る



乗り換え駅のキオスクでフラリと買ったが、癖になりそう。

どれも最低な内容だが(褒め言葉です)、
「腋臭風呂」は特にヤバい。
初めは18歳の頃の話なのだが、途中で20年後に飛んで、
小説で印税を得るようになった「私」の話になる。
しかし、根本的になにも変わっていないという・・・。
むしろ、よりえげつない状況になっておる。

日当をいつも使ってしまい、
なんとか月額のアルバイトに移ろうとするも、
家賃を踏み倒しては逆ギレ、逆恨みのオンパレード。
ダメだ、こいつ・・・そうなんどつぶやいたことか。

これだけ醜く、実生活ではかかわりを
持ちたくないような最低な主人公・貫太。

それでも応援したくなるのはなぜだろう。
心置きなく大暴れしてほしくなるのはなぜだろう。
たまらなく魅力的に感じるのはなぜだろう。


「正しさ」に疲れたときに読みたい一冊。

スポンサーサイト
著作一覧
プロフィール

真山知幸

Author:真山知幸
真山知幸。執筆業。著書に『大富豪破天荒伝説』(東京書籍)、『君の歳にあの偉人は何を語ったか』(星海社新書)、『天才100の名言』『不安な心をしずめる名言』(PHP研究所)、監修に『恋する文豪』(東京書籍)など。他の筆名含めて著作は計23冊(うち監修2冊)。名古屋外国語大学で現代国際学特殊講義など。
【メール】
mayama.tomoyuki(at)gmail.com
※ (at) は @ に置き換えて下さい

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR