そのコミュニケーション能力の高さはどこから?


「コミュニケーション能力の高さ」
 

会社の採用条件にまず挙がってくるもの。
このような本も売れるわけである。



できる大人のモノの言い方大全できる大人のモノの言い方大全
(2012/09/25)
話題の達人倶楽部

商品詳細を見る


確かにコミュニケーション能力「も」あれば
仕事は円滑に進むし、周囲も気持ちよく仕事できるだろう。
 
ただ、なかには、実務が絶望的にできないがゆえに、
それをカバーするために、コミュニケーション能力のみが
にょきにょき伸びてしまっているケースもあるように思う。
 
やたらと電話対応が洗練されている人と話していると、
なぜか不安がよぎるのは、たぶんそのせいであろう。

嵐山光三郎が「電話は上手にかけてはいけない」と書くのも
そういう理由からである。

不良社員の条件 (知恵の森文庫)不良社員の条件 (知恵の森文庫)
(2003/05)
嵐山 光三郎

商品詳細を見る

 
「人と何かを話すテクニックが
うまくなったということは、
そのぶん、もっと大切な心の部分を
失ってしまったということです」



相手に謝るスキルが完璧な人も、
安心できるような、不安になるような……。





スポンサーサイト
著作一覧
プロフィール

真山知幸

Author:真山知幸
真山知幸。執筆業。著書に『大富豪破天荒伝説』(東京書籍)、『君の歳にあの偉人は何を語ったか』(星海社新書)、『天才100の名言』『不安な心をしずめる名言』(PHP研究所)、監修に『恋する文豪』(東京書籍)など。他の筆名含めて著作は計23冊(うち監修2冊)。名古屋外国語大学で現代国際学特殊講義など。
【メール】
mayama.tomoyuki(at)gmail.com
※ (at) は @ に置き換えて下さい

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR