書店で分かる己のコンディション

2011-04-06 13.58.15


毎日、必ず1回は書店に寄る。

入店した途端、
本たちがあちこちで自己主張を始める。

おーい、ここだー、手にとってくれー。

著者の叫びだろうか。
それとも担当編集者の懇願か。
いや、カバーしたデザイナーの声か。
おそらくその全部だ。

気になる本は、山ほどある。
今日だってそうだ。

小林一三、岸信介と興味深い評伝が
どちらも文庫で出ている。
原田マハの短編も気になるし、
町田康のエッセイにもにゅにゅと手が伸びる。
新聞広告で気になったノンフィクションは
置いてない様子。


雑誌も含めて、オールジャンル読みたいものがある。
それが調子のよいときの自分だということに
後で気づくことがある。
書店に入っても、いまいち心にひっかからない。
そんなときがたまに訪れるからだ。

そういうときは、読まないか、
ぼーっと読める益田ミリあたりを手に取るくらい。
そのうちにまたいろんな本が読みたくなる。

本を読むことは、
新しい世界に触れること。

それだけのテンションが
今の自分にあるかどうか。
書店に行けばそれが分かる。


明日も書店に行く。





スポンサーサイト
著作一覧
プロフィール

真山知幸

Author:真山知幸
真山知幸。執筆業。著書に『大富豪破天荒伝説』(東京書籍)、『君の歳にあの偉人は何を語ったか』(星海社新書)、『天才100の名言』『不安な心をしずめる名言』(PHP研究所)、監修に『恋する文豪』(東京書籍)など。他の筆名含めて著作は計23冊(うち監修2冊)。名古屋外国語大学で現代国際学特殊講義など。
【メール】
mayama.tomoyuki(at)gmail.com
※ (at) は @ に置き換えて下さい

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR