スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

名言の宝庫だが実際にいたらどうなんだ

ドリアン・グレイの肖像 (光文社古典新訳文庫)ドリアン・グレイの肖像 (光文社古典新訳文庫)
(2006/12/07)
ワイルド

商品詳細を見る



光文社古典新版にて再読。

ついでに岩波版と新潮版とも、
ところどころで比較してみたけど、
圧倒的に読みやすい。

センテンスをなるべく分けているからだろう。
もちろん、ゆったりとした文字組の影響も大きい。

ヘンリー卿が会話でいちいち皮肉を言うのが、伝染してしまいそう。
こんな会話の切り替えしができたら、と
真似したであろう当時の読者たちの気持ちはよくわかる。


しかし、実際にこういう気の効いたことばかり
言う人がいたら、疲れてしまいそうな気も。
だからこそフィクションで活躍するのだろう。


「博愛主義の持ち主というのは、
思いやりというものを完全に失っていますからね。
それが何よりの特徴です」

(ヘンリー卿)


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

著作一覧
プロフィール

真山知幸

Author:真山知幸
真山知幸。執筆業。著書に『大富豪破天荒伝説』(東京書籍)、『君の歳にあの偉人は何を語ったか』(星海社新書)、『天才100の名言』『不安な心をしずめる名言』(PHP研究所)、監修に『恋する文豪』(東京書籍)など。他の筆名含めて著作は計23冊(うち監修2冊)。名古屋外国語大学で現代国際学特殊講義など。
【メール】
mayama.tomoyuki(at)gmail.com
※ (at) は @ に置き換えて下さい

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。