スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

散歩の効用

PPO_kiiroioicyounoochiba500-thumb-350.jpg



いつくかアイディアをひねり出さなければならない案件がある。
でもうんうんと唸っても思いつくものでもなかろうと、
開き直って、ぼんやりと昼間は散歩するのが日課になっている。

おや、こんなところに知った名前の会社があるじゃないの。
それ、こちらの道へ行けばどこへつながるのかしらん。
 
そんな具合にぷらぷらしているとインスピレーションも沸くはず。
と思ってやっているが、普通にぷらぷらしているだけで
今のところは終わっている。大丈夫か。

羽生さんも対局の会場に向かうまでよく歩くが、
頭は空っぽにしているという。
意識的にぼんやりする時間をつくっているのだ。
アインシュタインは逆に歩きながら、よく考えたのだという。
いずれにせよ、歩くことと脳の働きは関係性があるようだ。

この季節、空気が冷たくなってきた。
学生の頃は寒い季節が嫌いだったが、
大人になってからいくぶんか好きになった。

きりりと身が引き締まる感じがする。
そんななか、歩く。ずんずん、歩く。


スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめ【散歩の効用】

いつくかアイディアをひねり出さなければならない案件がある。でもうんうんと唸っても思いつくものでもな

コメントの投稿

非公開コメント

著作一覧
プロフィール

真山知幸

Author:真山知幸
真山知幸。執筆業。著書に『大富豪破天荒伝説』(東京書籍)、『君の歳にあの偉人は何を語ったか』(星海社新書)、『天才100の名言』『不安な心をしずめる名言』(PHP研究所)、監修に『恋する文豪』(東京書籍)など。他の筆名含めて著作は計23冊(うち監修2冊)。名古屋外国語大学で現代国際学特殊講義など。
【メール】
mayama.tomoyuki(at)gmail.com
※ (at) は @ に置き換えて下さい

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。