思わず再読してしまった元博報堂社員の「転落の記」

別の筆名で執筆中だった新刊が校了。
時間がぽっかりと空いたので、
書庫を整理しては電子化を進めている。
 
「名言」「偉人」の資料が全体の7~8割を占めており、
偉人は人物別にまとめているが、かなりの量になってきた。
ちょっとした偉人電子図書館ですな。

しかし、今、この本につかまり、順調な作業がストップ。
いやあ、2回目だが、ほんと生々しい記述。
ここまでよくぞ書いたものだ。

転落の記転落の記
(2012/01/20)
本間 龍

商品詳細を見る


筆者は、博報堂元社員で、
自身が起こした詐欺事件を赤裸々に綴った1冊。

当時、博報堂が東証一部上場を控えていたことから、
その未公開株購入をちらつかせながら、
友人たちから次々と金をだましとったのである。
その額は数千万円にも及んだ・・・。

この手の犯罪は、何か自分とは程遠いように感じてしまうが、
きっかけは「仕事のミスを隠したい」という
誰もが持つような感情から始まったものだった。

初めはドキドキしながらやっていた詐欺の勧誘が、
「少し借りるだけ」と自分の中で正当化されていき、
いずれバレる嘘をどんどん重ねていく筆者。
だめだ、取り返しがつかなくなるぞ!と
読んでて、思わず心の中で叫んでしまった。

そんな読者の叫びが届くはずもなく、
筆者はプレッシャーから逃れるように
愛人を作って情欲に溺れついには消費者金融にも手を出す。
まさに「転落」である。
いやー、ここまで書くか。すごい。
 
そして、ついに運命の日が来る。
実際に博報堂が上場したのである。
株を買ってもらった(と思い込んでいる)
友人たちからの催促や追及が日に日にましていき、
筆者は嘘をつききれなくなってしまう。
 
もう限界!と、
筆者が友人に嘘だったこを
告げるシーンがとても怖い。

最初は「平田君」という友人に告白した。
平田君は「博報堂の未公開株が買える」と聞き、
一千万近く、筆者に支払っている。
そのことを念頭にどうぞ。


-----------------------------------------------------

「平田君、話があるんだ」

「ああ、株の件ですが。もう二月末日ですもんね」

「うん……そうなんだが……実はね……
あの話は嘘なんだよ」

「え?……どういうことですか?」

1分ほど間を置いて、私は言った。

「……あの株の話は、全部嘘なんだ」

「そんな……冗談ですよね」

平田君の声もかすれていた。

「冗談じゃあ、ないんだ。
今までしてきた未公開株の話は、全部嘘だったんだ。
……すまない。本当に申し訳ない」

今度は、彼が長い間沈黙している。
信じられない話をいきなり聞かされて、
恐らく絶句しているのたのだろう。

「なんで……どうしてなんですか」

その声を聞き、私は堰を切ったかのように声をあげて泣いた。


-----------------------------------------------------

泣きたいのは平田君のほうだろう・・・。

続きは本書でどうぞ。
あー整理しなきゃいかんのに。



転落の記転落の記
(2012/01/20)
本間 龍

商品詳細を見る


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

著作一覧
プロフィール

真山知幸

Author:真山知幸
真山知幸。執筆業。著書に『大富豪破天荒伝説』(東京書籍)、『君の歳にあの偉人は何を語ったか』(星海社新書)、『天才100の名言』『不安な心をしずめる名言』(PHP研究所)、監修に『恋する文豪』(東京書籍)など。他の筆名含めて著作は計23冊(うち監修2冊)。名古屋外国語大学で現代国際学特殊講義など。
【メール】
mayama.tomoyuki(at)gmail.com
※ (at) は @ に置き換えて下さい

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR