鴎外が受けた天才教育と母・峰子

いろいろと腰を据えて調べたいことがあるのだけど、
偉人たちがどういう環境で教育を受けて、
才能を伸ばしたのか、ということもその一つ。
  
前回は森鴎外を育てた強烈マザー峰子について
ちょっと書いたけれども、鴎外の受けた教育は
まさに天才教育だったと言ってよい。
 
6歳のときに、儒者の村田久兵衛から
漢籍の手ほどきを受けながら「論語」を学び、
7歳のときには、米原綱善から「孟子」を学んでいる。
8歳で津和野の藩校に入ってからは10歳までに
『四書』『五経』『左伝』『国語』『史記』『漢書』を読んだが、
他の生徒が反復して懸命に覚えるなか、
鴎外は一度読めば覚えてしまうほどの記憶力を誇ったという。
 
さらに、9歳からは父からオランダ語を教えてもらって、
医学の道に備えていた。
そらまあエリートになりますわな。
しかも鴎外は、勉強以外でも読書ばかりしていたのだ。
同世代とは差がつくばかりだったのもさもありなん。
 
この鴎外の幼少からの教育において、
母・峰子も大いに奮闘している。
息子の勉強を監督するため、自分の母から
漢文を習い、仮名付きの『四書』を何度も熟読。
鴎外を寝かしてからも、夜遅くまで
勉強していたと言うから、大したものである。

自分がそこまでやれば
子どもに「勉強しなさい」とも言えるだろう。
また鴎外もそれに十分すぎるほど応えて成長したことを思えば、
この母なくして、文豪・鴎外は生まれなかったかもしれない。

というような背景をいつか体系的に
まとめていきたいと思っておるのです。
いつになることやら。




スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

著作一覧
プロフィール

真山知幸

Author:真山知幸
真山知幸。執筆業。著書に『大富豪破天荒伝説』(東京書籍)、『君の歳にあの偉人は何を語ったか』(星海社新書)、『天才100の名言』『不安な心をしずめる名言』(PHP研究所)、監修に『恋する文豪』(東京書籍)など。他の筆名含めて著作は計23冊(うち監修2冊)。名古屋外国語大学で現代国際学特殊講義など。
【メール】
mayama.tomoyuki(at)gmail.com
※ (at) は @ に置き換えて下さい

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR