スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

森鴎外の妻への新文書

ちょっと前のニュースですが。

文書新発見、森鴎外が最初の妻と別れた理由
http://www.yomiuri.co.jp/national/culture/news/20120913-OYT1T00507.htm


プライベートな手紙も広められて、文豪は大変だ。
(↑お前が言うな、と)

鴎外が独身時代のドイツ留学中に出会った
エリーゼとの恋愛劇については、『恋する文豪』にて。
有名な話ですが、改めて漫画で読むと新鮮だったりする。
鴎外が美男子に描かれており・・・。


恋する文豪: 日本文学編 (きゅんきゅんくる!教養)恋する文豪: 日本文学編 (きゅんきゅんくる!教養)
(2012/02/16)
真山 知幸、 他

商品詳細を見る



漫画でも、鴎外の優柔不断ぷりっと同時に、
鴎外の母・峰子の豪腕ぶりがちらりと描かれている。
  
「きゅんきゅんくる教養」というテーマから外れるので
解説でも特別触れなかったが、
森峰子はかなり強烈な女性である。
息子の出世のためならば、
どんな裏工作もいとわないという恐るべき母。
 
ちなみに登志子と離婚した後には、
長く独身でいた鴎外のために、
峰子は妾を探してきて、息子にあてがっているのだ。
彼女にはそういう手ごまがあったんですな。

登志子との離婚については、
並々ならぬ嫉妬深さがあったと言うのが定説だけど、
そんな母がいれば、うまくいくはずもなかろう。


「小生が若しきげんを取り候はゞあるまじけれ」
(私がもし登志子の機嫌を取っていれば、別居はなかっただろう)
という言葉にも、鴎外の苦労がうかがえる。
母のことがまるで関係ないわけがない。
当然、再婚した志げとも、対立している。


ちなみに、森峰子については、群さんの本が面白い。
オムニバスだし、気軽に読める。

関わると大変そうなので、
本で読むくらいがちょうどよい(笑)

あなたみたいな明治の女(ひと) (朝日文庫)あなたみたいな明治の女(ひと) (朝日文庫)
(2002/04)
群 ようこ

商品詳細を見る


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

著作一覧
プロフィール

真山知幸

Author:真山知幸
真山知幸。執筆業。著書に『大富豪破天荒伝説』(東京書籍)、『君の歳にあの偉人は何を語ったか』(星海社新書)、『天才100の名言』『不安な心をしずめる名言』(PHP研究所)、監修に『恋する文豪』(東京書籍)など。他の筆名含めて著作は計23冊(うち監修2冊)。名古屋外国語大学で現代国際学特殊講義など。
【メール】
mayama.tomoyuki(at)gmail.com
※ (at) は @ に置き換えて下さい

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。