スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あの頃にちょっと戻れる本

東京物語 (集英社文庫)東京物語 (集英社文庫)
(2004/09/17)
奥田 英朗

商品詳細を見る


高校卒業と同時に上京。
東京で浪人生活、大学時代を過ごした後に
小さな広告会社でコピーライターとして奮闘する
青年のお話デス。

舞台はバブル期を迎えた80年代の東京で、
時代を思わせる用語が散りばめられている。

大学時代の頃や社会人なりたての頃を思い出したなー。
あの無駄な熱量と、容赦ないまでの現実との葛藤が
痛々しいほどよくわかる。
だけど、そのがむしゃら感こそが20代の特権。
いや、これからもがんばりますけどね・・・。

(1)大学時代に下宿していた
(2)田舎から上京した
(3)80年代が懐かしい

このあたりの人は、ぜひ読むとよいと思います。
全部当てはまる人もいるだろうな。

ビバ青春。
そしてできることならば
一生、青春していたいものですな。




スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

著作一覧
プロフィール

真山知幸

Author:真山知幸
真山知幸。執筆業。著書に『大富豪破天荒伝説』(東京書籍)、『君の歳にあの偉人は何を語ったか』(星海社新書)、『天才100の名言』『不安な心をしずめる名言』(PHP研究所)、監修に『恋する文豪』(東京書籍)など。他の筆名含めて著作は計23冊(うち監修2冊)。名古屋外国語大学で現代国際学特殊講義など。
【メール】
mayama.tomoyuki(at)gmail.com
※ (at) は @ に置き換えて下さい

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。