映画「八日目の蝉」

八日目の蝉 通常版 [DVD]八日目の蝉 通常版 [DVD]
(2011/10/28)
井上真央、永作博美 他

商品詳細を見る


永作博美演じる希和子は、
既婚者の男性と不倫関係にあって妊娠したが、
相手に「もう少し待って欲しい」と言われて中絶。

男性の妻との離婚を信じていたが、
男にはそんな気は毛頭なく(そりゃそうだろうな)、
それどころか、妻との間に第1子をもうける。

不倫を知った男性の妻からは罵倒され、
人生を台無しにされた希和子がとった行動が、
生れたばかりの子どもの誘拐だった。

赤子を無防備に放置しすぎだろう、
というツッコミはさておき、
このストーリーの肝は、
その子どもに中絶した娘の名前をつけて、
実の娘のように育てるところである。

逃亡生活を続けながら、誘拐した子どもと
貧しいながらも豊かな親子関係を築いた希和子。
やがて希和子は逮捕され、
子どもは実の親のもとに返されるが、
幼少期の3年間は大きく、
実の母親との関係に苦しむことになり・・・。

成長した娘・恵理菜を演じたのが、井上真央。
事件のこともあり、物事に冷めた生き方をしていたが、
自分を誘拐した希和子との足取りをたどるうちに、
幼い頃の記憶が揺さぶられていく。

ややもすれば荒唐無稽にもなる展開に
リアリティを持たせたのは原作の力も大きいだろうが、
役者陣がよい演技をしていたからだろう。
恵理菜を取材するフリーライターは
物語のキーパーソンともなる大事な役どころだが、
小池栄子が演じて、挙動不審なキャラクターが板についていた。
重い展開だけにコミカルな演技に救われるような思いも。


幼少期の時間を共有した相手との足跡は、
時間とともに薄れはしても、
脳の奥底に残り、決して消えることはない。
それがたとえ血のつながりがない相手であっても。


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

著作一覧
プロフィール

真山知幸

Author:真山知幸
真山知幸。執筆業。著書に『大富豪破天荒伝説』(東京書籍)、『君の歳にあの偉人は何を語ったか』(星海社新書)、『天才100の名言』『不安な心をしずめる名言』(PHP研究所)、監修に『恋する文豪』(東京書籍)など。他の筆名含めて著作は計23冊(うち監修2冊)。名古屋外国語大学で現代国際学特殊講義など。
【メール】
mayama.tomoyuki(at)gmail.com
※ (at) は @ に置き換えて下さい

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR