スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

経営者としてのエジソン

エジソン発明会社の没落エジソン発明会社の没落
(1998/06)
アンドレ ミラード

商品詳細を見る


エジソンの熱烈なファンとして知られている浜田和幸氏は、
数多くのエジソンの本を書いているが、
この本は浜田氏の著作ではなく、
1998年発刊の翻訳本。
発明会社の社長としてのエジソン、という
ユニークかつ、マニアックな切り口だ。

ハイテク企業はなぜ没落してしまったのか。
偉人としてのエジソンに興味のない人も、
読み応えのあるボリュームのある1冊に仕上がっている。

この本を読んで思い出したのが
友人の蟹沢孝夫氏が書いた
「ブラック企業、世にはばかる」(光文社新書)だ。
同書では、ブラック企業を修行場とする考え方もあると書いて
物議をかもしたが、エジソンの会社を思えば、
やはりそういう乗り切り方もあるんだと思う。

なにしろ、就業規則もあったものではないし、
とんでもない会社である。
それでもエジソンを慕って、過酷な労働を承知の上で、
技術者たちはこぞって切磋琢磨した。

それは、小暮太一氏が
「僕たちはいつまでこんな働き方を続けるのか?」で書いた
自分の価値を高める「積み重ね」がエジソンの現場には
確かにあったからにほかならないだろう。

ブラック企業、世にはばかる (光文社新書)ブラック企業、世にはばかる (光文社新書)
(2010/04/16)
蟹沢 孝夫

商品詳細を見る


僕たちはいつまでこんな働き方を続けるのか? (星海社新書)僕たちはいつまでこんな働き方を続けるのか? (星海社新書)
(2012/04/26)
木暮 太一

商品詳細を見る

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

著作一覧
プロフィール

真山知幸

Author:真山知幸
真山知幸。執筆業。著書に『大富豪破天荒伝説』(東京書籍)、『君の歳にあの偉人は何を語ったか』(星海社新書)、『天才100の名言』『不安な心をしずめる名言』(PHP研究所)、監修に『恋する文豪』(東京書籍)など。他の筆名含めて著作は計23冊(うち監修2冊)。名古屋外国語大学で現代国際学特殊講義など。
【メール】
mayama.tomoyuki(at)gmail.com
※ (at) は @ に置き換えて下さい

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。