六本木の寺院で落語を聴いてきた

5月28日に行われた、第141回の不動院寄席、
「全員ネタ下ろしの会」を観にいった。
出演者は立川志ら乃さん、
立川こしらさん、立川らく次さん。
 
会場の六本木不動院が
「え、ここで大丈夫なの?」という入り組んだ場所。
こんな都心で寺院があるなんて。
寄席には、幅広い年齢層のお客さんが訪れており、
立川流のファンらしき、結構な高齢な方も。
黒人の客引きをかわしながら、来たことも思うと、
空間が歪んでいるような錯覚に陥る。
 
志ら乃さんの「碁泥」(ごどろ)では、
碁仇のだんな二人が、家人にうとまれながらも、
なんとか碁をやろうと必死なところがなんとも面白かった。
タバコを吸いながら碁をやるため、
火事が危ないと指摘されると、池の中でもやろうとする。
下半身を水の中に沈めながら・・・。
思わず頭に滑稽な絵面が浮かんでしまった。
落語は想像力が鍛えられますな。
 
ネタ下ろしの後は、3人の近況トーク。
立川こしらさんの弟弟子とメシに行った話などを聞くに、
意外と兄弟子のほうが気を遣っている!

 
終わった後、一緒に行った編集者Tさんと一杯飲みながら、
 
「なんかああいう兄弟子、弟弟子関係っていいですよね」
「うん、思いましたよね」

とお互いに。
脱サラして、この世界に飛び込んでくる人の気持ちが
少し分かった気がする六本木の夜。

しかし、六本木不動院は熱い場所だな・・・。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

著作一覧
プロフィール

真山知幸

Author:真山知幸
真山知幸。執筆業。著書に『大富豪破天荒伝説』(東京書籍)、『君の歳にあの偉人は何を語ったか』(星海社新書)、『天才100の名言』『不安な心をしずめる名言』(PHP研究所)、監修に『恋する文豪』(東京書籍)など。他の筆名含めて著作は計23冊(うち監修2冊)。名古屋外国語大学で現代国際学特殊講義など。
【メール】
mayama.tomoyuki(at)gmail.com
※ (at) は @ に置き換えて下さい

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR