有名人らしくない勝間和代を見た日

「有名人になる」ということ (ディスカヴァー携書)「有名人になる」ということ (ディスカヴァー携書)
(2012/04/28)
勝間 和代

商品詳細を見る


 
その人でしか書けない本というものがある。
その著者ならではの、本。
 
そういった本は、どういった類なものであれ、
好意的に受け止めている。
体験した人でしか書けないことがあるならば、
それを形に残すのはある種の「責任」とも言えるだろう。
そして、それは決して楽な仕事ではないからだ。
 
この本は、まさに勝間氏でないと書けない本だろう。
「有名人になる」ことのメリット、デメリットが赤裸々に書かれている。
有名人はプライバシーがないよね、ってなことは予想しやすいが、
意外に儲からないし、必ずしも宣伝効果があるわけでもない、
というところは、意外に思う人も多いのではないだろうか。
今日び、本を売るというのは、非常に難しいことなんだなあ・・・。

せっかくなので、この本に敬意を表して、
おそらく僕にしか書けない、勝間エピソードを紹介しよう。
 
2、3年前の話。
某出版社のパーティで、壇上に著者たちが上がった。
その数は20人あまり。そのなかに、勝間氏がいた。
大半はビジネス界では有名かもしれないが、
書き手としては、それほど知名度のない人たち。
1冊だけしか出版していない、デビューしたての
書き手も結構いたような気がする。

その著者たちが一言ずつ、
集まった参加者たちに挨拶をしていく。
みな、自分の番のときに何を言おうかと、
頭がいっぱいだっただろう。
そして終わればほっとして会場を見渡すといった様子だった。

そのなかで、書き手が挨拶するたびに、
話している人の顔をしっかりと見ている著者がいた。
それが勝間氏だった。
 
壇上で、間違いなく、もっとも知名度がある人が、
「どんな人だろう?」というように、他の著者の顔を
身を横によじってまで、見ているのが非常に印象的だった。
 
単に余裕があったからと言えば、それまでだが、
おおよそ有名人らしくない振る舞いに、
ヒットメーカーの凄みを感じた次第である。


と、まあこんなふうに、
一挙一頭足に注目され
好き勝手な解釈をされるのが
有名人の大変なところなのだ(笑)
本書を読んで、そのことがよく分かった。
 
マスメディアまでいかなくても、
会社や学校、地域レベルでの有名人もいる。
その場合も、共通して当てはまることが多い。
案外に身近なテーマなのかもしれない。



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

著作一覧
プロフィール

真山知幸

Author:真山知幸
真山知幸。執筆業。著書に『大富豪破天荒伝説』(東京書籍)、『君の歳にあの偉人は何を語ったか』(星海社新書)、『天才100の名言』『不安な心をしずめる名言』(PHP研究所)、監修に『恋する文豪』(東京書籍)など。他の筆名含めて著作は計23冊(うち監修2冊)。名古屋外国語大学で現代国際学特殊講義など。
【メール】
mayama.tomoyuki(at)gmail.com
※ (at) は @ に置き換えて下さい

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR