スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

亀岡事故を予見していたような「ののちゃん」

痛ましいニュースが胸に刺さるようになったのは、
ここ数年のことかもしれない。
おそらく受け手である自分側の変化だろう。
子どもの事故が特につらい。
 
京都府の亀岡市篠町で23日の朝に起きた事故。
集団登校中の児童の列に乗用車が突っ込んだ、
運転していたのは18歳の無免許。同乗者が2人。
夜通しのドライブで居眠りしていたという。

事故後の態度についての信じがたい情報も行きかう。
激情に走らないようにと思いながらも、
ランドセルが散乱する写真をみると、
制御が難しくなる。

  
テレビをつければ、事故の遭った道路は、
以前から危険だと指摘されていたとのこと。
道路は、国道の抜け道で、道幅の割りには
交通量が多く、保護者が注意を喚起していたという。

番組キャスターの締めのコメントは
「迂回の近道はドライバーにとっては便利でも、
そこに住む人にとっては危険」。
そういった視点はもちろん重要だ。
しかし、今日の今日では、
あまりにも冷静すぎる態度のような気がした。

ニュースを見た後、
朝刊を開いて今朝の朝日新聞の
「ののちゃん」を観て驚いた。
まるで事故を予見するような内容だったからだ。
写真でコマを引用する。23日の朝刊である。

2012-04-23 23.55.28



亡くなったのは、2年生の女の子、
26歳の女性、そして、お腹の赤ちゃんだ。
今なお、重体の子どもたちはなんとか助かってほしい。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

著作一覧
プロフィール

真山知幸

Author:真山知幸
真山知幸。執筆業。著書に『大富豪破天荒伝説』(東京書籍)、『君の歳にあの偉人は何を語ったか』(星海社新書)、『天才100の名言』『不安な心をしずめる名言』(PHP研究所)、監修に『恋する文豪』(東京書籍)など。他の筆名含めて著作は計23冊(うち監修2冊)。名古屋外国語大学で現代国際学特殊講義など。
【メール】
mayama.tomoyuki(at)gmail.com
※ (at) は @ に置き換えて下さい

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。