スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「潜入ルポ ヤクザの修羅場」>鈴木智彦(文春新書)

潜入ルポ ヤクザの修羅場 (文春新書)潜入ルポ ヤクザの修羅場 (文春新書)
(2011/02/17)
鈴木 智彦

商品詳細を見る



ダウンタウンの浜ちゃんは、ヤクザ雑誌やヤクザ映画が大好きなそうな。
任侠の世界への憧れ。
外国人も「ニッポンのYAKUZA」への関心は高い。

この新書の作者、鈴木智彦氏はヤクザ雑誌の編集長を経て、
現在はライターとして活動している。
編集長をしていた雑誌の名前は「週刊実話」。
ライターとしてはライバル誌「週刊BULL」で執筆しているそうだ。
そのへんの事情も本書では書かれている。

両誌とも未読だが、コンビニではよく見かける。
なんとなく浜ちゃんのようにヤクザ好きの読者が
買っているのだろう、と思っていたが、大きな勘違いだった。
ターゲットとするメイン読者はヤクザたち、本人なのだ。
ヤクザのために、ヤクザを取材し、ヤクザが連載を持つ。
そう、ヤクザの業界誌という位置づけだったのだ。
うーむ、ディープ過ぎる。

そこの編集長だけあってさすがに修羅場を経験してきている。
ヤクザに「殺すぞ」といわれるたびにその回数を記録した
「殺すぞカレンダー」の話などは笑えるが、
実際にやれといわれれば、かなりしんどそうな仕事だ。

何気なく買ってみた本書だったが、
新聞の新書ランキングでは上位に食い込んでいた。
かなり売れているようである。


近づきたくはないが、覗いてみたい――。
そんな読者が多いとしたら、著者の目論見通りだ。


鈴木氏は当初、特別にヤクザに関心があったわけではない。
ただ「他人が実生活では関わりたがらない
世界に詳しくなれば、メシの種になるのではないか」
と踏んで、ヤクザ雑誌畑を歩む決意をした。

その心意気や、よし。
ライターとして活動する目算はすでに
その頃から漠然としてあったのではないだろうか。
 
出版業界を目指す人に読んでもらいたい1冊。
大手勤務ではわからない世界が、
この業界では、いくらでもある。







スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

著作一覧
プロフィール

真山知幸

Author:真山知幸
真山知幸。執筆業。著書に『大富豪破天荒伝説』(東京書籍)、『君の歳にあの偉人は何を語ったか』(星海社新書)、『天才100の名言』『不安な心をしずめる名言』(PHP研究所)、監修に『恋する文豪』(東京書籍)など。他の筆名含めて著作は計23冊(うち監修2冊)。名古屋外国語大学で現代国際学特殊講義など。
【メール】
mayama.tomoyuki(at)gmail.com
※ (at) は @ に置き換えて下さい

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。