スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

西村賢太の『苦役列車』はTHE私小説

苦役列車苦役列車
(2011/01/26)
西村 賢太

商品詳細を見る


西村賢太の『苦役列車』を読む。
これはなかなか強烈、痛快な作品だ。
日雇い労働者の悲哀を描いているというよりは、
自身のダメ人間ぶりをさらけ出した作品。
おおお、と読者をたじろがせるTHE私小説だ。

父親が性犯罪を犯したため、
家族ごとドロップアウトしていくという設定も強烈。
自身の血を呪うシーンはずしんとくるが、
そこを陰鬱に描いていないところが良いと思う。

なんで読んでいたら、こんなニュースが。

元ロックバンドギタリストがわいせつ行為
http://www.sanspo.com/shakai/news/110214/sha1102141550012-n1.htm

50歳間近にもなって、と言うべきか、
50歳間近だからこそ、言うべきか。
性犯罪者は同じ男して物悲しいものがある。
 
『苦役列車』は、その息子という設定をフルに生かして、
芥川賞を見事に受賞。
過去に彼と働いたこともある人はさぞ驚いていることだろう。

インタビューで、西村は自身の境遇について、
こう言っている。


「教訓めいたことは嫌ですが、
何があっても悲観するばかりが能じゃなくて、
こういう形にもなるんだな、と
今回身にしみてわかりましたね。」


作家は、最後の職業、とはよく言ったもので。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

まだ読んでませんが、DVという時点で私はアウトですね。
でも、私小説も悪の要素がないとダメなんだろうな。
私の周りの、清貧に生きてる気の弱い私小説作家たちには、この展開は無理だな。

Re: No title

この作品ではそういう場面はないけど、
DVする人も病んでるからね。
書き手としては全然ありなんじゃないかな。

著作一覧
プロフィール

真山知幸

Author:真山知幸
真山知幸。執筆業。著書に『大富豪破天荒伝説』(東京書籍)、『君の歳にあの偉人は何を語ったか』(星海社新書)、『天才100の名言』『不安な心をしずめる名言』(PHP研究所)、監修に『恋する文豪』(東京書籍)など。他の筆名含めて著作は計23冊(うち監修2冊)。名古屋外国語大学で現代国際学特殊講義など。
【メール】
mayama.tomoyuki(at)gmail.com
※ (at) は @ に置き換えて下さい

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。