文部技官からシャンソン歌手に転身した槇小奈帆のように

の3月刊の星海社新書について今日、明日と最終の打ち合わせ。
今回の原稿について語っていると、
つくづく人生の転機がいつ訪れるかわからないものだと感じる。
37歳でオペラ作曲家から美食家へ転身したロッシーニについては
以前、このブログでも書いたとおりだ。

国立大学の研究室勤務文部技官から
シャンソン歌手になった槇小奈帆氏のような人もいる。




槇氏は作詞家としても活動しており、
「ルパン三世」峰不二子のテーマ「ラヴ・スコール」も
彼女の作詞である。




槇氏のオリジナル曲「入江にて」が
晩秋の伊豆を舞台に映像化されているが、
心地よい歌声を聴きながら美しい伊豆の風景を観ていると、
伊豆へ旅したときのことを思い出した。

社会人になりたての頃、後輩とも行ったし、
大学時代の友人を関東に招いて、訪ねたこともあった。

随分前のような気がする。
みんな元気にしてるだろうか。

良くも悪くもたった数年でも状況は変わる。
まだまだ驚きべき転身が僕らには
待ち受けているのかもしれない。


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

著作一覧
プロフィール

真山知幸

Author:真山知幸
真山知幸。執筆業。著書に『大富豪破天荒伝説』(東京書籍)、『君の歳にあの偉人は何を語ったか』(星海社新書)、『天才100の名言』『不安な心をしずめる名言』(PHP研究所)、監修に『恋する文豪』(東京書籍)など。他の筆名含めて著作は計23冊(うち監修2冊)。名古屋外国語大学で現代国際学特殊講義など。
【メール】
mayama.tomoyuki(at)gmail.com
※ (at) は @ に置き換えて下さい

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR