140字BOOKレビュー【5】『悪夢のエレベーター』『床下仙人』

悪夢のエレベーター (幻冬舎文庫)悪夢のエレベーター (幻冬舎文庫)
(2007/10)
木下 半太

商品詳細を見る


どれくらい倒れていたのだろう?

正気に戻った主人公がいたのは、
緊急停止したエレベータ。
同じく閉じ込められたのが
関西弁男、緑ジャージ男、メンヘル女。
徐々に明らかになる3人の素性に目が離せなくなる。

木下半太が書く急転直下型ミステリー
『悪夢のエレベーター』 (幻冬舎文庫)に頭クラクラ。
 
 
床下仙人 (祥伝社文庫)床下仙人 (祥伝社文庫)
(2001/01)
原 宏一

商品詳細を見る


「いっしょにいたいから家族になったのに、
その家族を維持するためにいっしょにいられない。
そんなのって、どこかおかしいと思わない?」

妻の問いが心に響く『床下仙人』(原弘一)。
仕事に忙殺される「おれ」の家庭に、仙人が現れるようになり…。

働く意義を考えさせられる、ちょっと奇妙な短編集。

----------------------------------
さくっと読めて楽しい小説が読みたい。
そんなときに、この2冊はおすすめ。

木下半太氏は会話を書くのがべらぼうに上手い。
じゃないとこんな密室物語を書けるわけもないんだけど。
『床下仙人』は表題作以外も面白いよ。

今日は、ニール・アームストロングについて原稿執筆。
そろそろ寝る準備をば。



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

著作一覧
プロフィール

真山知幸

Author:真山知幸
真山知幸。執筆業。著書に『大富豪破天荒伝説』(東京書籍)、『君の歳にあの偉人は何を語ったか』(星海社新書)、『天才100の名言』『不安な心をしずめる名言』(PHP研究所)、監修に『恋する文豪』(東京書籍)など。他の筆名含めて著作は計23冊(うち監修2冊)。名古屋外国語大学で現代国際学特殊講義など。
【メール】
mayama.tomoyuki(at)gmail.com
※ (at) は @ に置き換えて下さい

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR