140字BOOKレビュー【3】『カネが邪魔でしょうがない』

カネが邪魔でしょうがない 明治大正・成金列伝 (新潮選書)カネが邪魔でしょうがない 明治大正・成金列伝 (新潮選書)
(2005/07/14)
紀田 順一郎

商品詳細を見る



「どうだ明るくなったろう?」

暗い玄関で靴を探す料亭の女中に、成金がお札を燃やすという風刺画は、
日本史の教科書で異彩を放っていた。
 
『カネが邪魔でしょうがない』(紀田順一郎、新潮選書)は
明治・大正の成金たちの波乱万丈の人生を描く評伝。

凄いタイトルだが、その生き様も破天荒すぎて唖然。

-----------------------------------
今日は1冊。
お金ってあるところにはあるんだなあ、
と街を散歩していて、邸宅なんか見ていると思うんだけど、
ありすぎるのも結構大変なようで・・・という本。
「有名人の子供はつらい」の本と同様に、
なかなか人生は一筋縄でいかんのう、

今日は映画を観に、練馬駅まで行ったのだが、
「ワーナー・マイカル・シネマズ板橋」があるのは東武練馬駅!
まあどっちも練馬駅だから近いだろうと思ったら遠い!
タクシー飛ばしてなんとか上映時間に間に合った。




スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

著作一覧
プロフィール

真山知幸

Author:真山知幸
真山知幸。執筆業。著書に『大富豪破天荒伝説』(東京書籍)、『君の歳にあの偉人は何を語ったか』(星海社新書)、『天才100の名言』『不安な心をしずめる名言』(PHP研究所)、監修に『恋する文豪』(東京書籍)など。他の筆名含めて著作は計23冊(うち監修2冊)。名古屋外国語大学で現代国際学特殊講義など。
【メール】
mayama.tomoyuki(at)gmail.com
※ (at) は @ に置き換えて下さい

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR