「ざんねんな偉人」が未来屋書店に集結?

DSC_0040.jpg

ざんねんな偉人たち、大展開です。
未来屋書店の北戸田店さん、ありがとうございます!

ほかの書店さんでも展開あれば、お教えください~。


≪発売、即、重版出来!≫

ざんねんな偉人伝: それでも愛すべき人々 (新しい伝記シリーズ)

スポンサーサイト

新しい伝記シリーズ『ざんねんな偉人伝』、発売即、重版がかかりました!

新刊、発売即、重版がかかりました!
ありがとうございます。


ざんねんな偉人伝: それでも愛すべき人々 (新しい伝記シリーズ)

たまたま、発刊のタイミングでお会いした
編集者が買ってくれて、
お子さんに見せたそうだが、

「なんで、落書きされてるの!?」

と、カバーにえらく反応していたとか。
あとは戦国武将がやっぱり人気みたいです。

「新しい伝記シリーズ」と銘打たれていますが、
「自分とは違う」と仰ぎ見てしまいがちな偉人のイメージを
一新するような偉人伝を、どんどん書けると素敵だなあ。

将棋とチェスでの捕虜の使い方

名人に香車を引いた男。

もうこれだけで、かっこいい。
将棋棋士、升田幸三のことだ。
あれくらい規格外の人物が出てくると、
それが、どんなジャンルでもワクワクさせてくれるだろう。

ところで、升田がGHQとのやりとりなかで、

「チェスは捕虜を殺害してるが将棋はちゃんと生かしてる」

と言ったのはよく知られている。捕虜とは駒のことである。

負かした相手を殺さずに活かすという発想は、建設的でよろしい。

明治維新に活躍した幕臣たちを調べていて、そんなことを思った。
もっと明治政府の場合は、彼らを活用しなければ、
とてもやっていけない状態にあったわけだけども。

かつての敵と味方が手を組む姿は、なんともシビれる。


★新刊のお知らせ★


ざんねんな偉人伝: それでも愛すべき人々 (新しい伝記シリーズ)

ざんねんなジャイアンツおじさん


先週の日曜日は「巨人対横浜」を観に、東京ドームに行き、
その後に、「FC東京対アルビレックス新潟」を観に、
味元スタジアムに行くという過酷な1日でした。

一緒に行った知人は巨人ファンで、
巨人が劇的なサヨナラ勝ちをしたというのに、わがFC東京はドロー……。
今、「まさかのドロー」って書こうとして止めました。
天皇杯では1回戦で、J3のAC長野パルセイロに負けていますからね。
味スタでライター先輩の岡部さんと遭遇できたのは、良かった。
しかし、まあすっきりしない試合でした。

そんな「ざんねんなFC東京」ではあるのですが、
東京ドームには、特定のビールの売り子さんと嬉しそうに話す、
ざんねんなジャイアンツおじさんがちらほらと……。

「お代わりするときはこの子!」

と決めているようで、ちょっとしたキャバクラみたいなノリなのかと。
もちろん、一部ですが、Jリーグではない、光景です。

結構、必死な感じで、ざんねんでありました…。
楽しみ方はそれぞれか~。


★新刊のお知らせ★


ざんねんな偉人伝: それでも愛すべき人々 (新しい伝記シリーズ)





編集者はブログを見る


「ブログなども拝読いたしまして、ぜひ、原稿のご執筆を……」

ということが、立て続けにあり、今週は打ち合わせが数件。
ありがたいと思う一方で、全くブログを更新していないことに気づく……。

編集者は、結構、新規で依頼する前にブログなど見たりしますね。
SNSでは、大まかにヤバそうなやつじゃないどうかかをみて、
ブログで、文章がどんな感じかを、見ているんじゃないか、とも思います。

もちろん、書籍など出している場合は、
まず、書籍を読みますから、その後の話ですけどね。

やはり自分発信のメディアが、書き手にあるのならば、
それも編集者は一応はチェックするものなのではなかろうか。

しばらくは、新刊の宣伝でもしますか。
下記です、よろしくです。


ざんねんな偉人伝: それでも愛すべき人々 (新しい伝記シリーズ)

著作一覧
プロフィール

真山知幸

Author:真山知幸
真山知幸。執筆業。著書に『大富豪破天荒伝説』(東京書籍)、『君の歳にあの偉人は何を語ったか』(星海社新書)、『天才100の名言』『不安な心をしずめる名言』(PHP研究所)、監修に『恋する文豪』(東京書籍)など。他の筆名含めて著作は計23冊(うち監修2冊)。名古屋外国語大学で現代国際学特殊講義など。
【メール】
mayama.tomoyuki(at)gmail.com
※ (at) は @ に置き換えて下さい

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR