スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヤマメと山椒魚

いろいろと状況が変わり、全くブログを更新しておりませんでした。
やや落ち着いたので、また書きたいと思いまする。
献本もいろいろいただいているのに、すみません。

とりあえず、先日、 秋川渓谷で釣りとバーベキューをして、
釣った「渓流の女王」、ヤマメを焼いて食しました。
もくもく。もぐもぐ。

20160718_153601.jpg

太宰治が『黄村先生言行録』でヤマメのことを敏捷な魚として、下記のように書いています。


「日本の山椒魚は、あのヤマメという魚を食っているのですが、どうしてあんな敏捷な魚をとって食えるか、不思議なくらいであります。それにはあの山椒魚の皮膚の色がたいへん役立っているようであります」


放流でなければ、とても釣れそうにありませんなあ。













スポンサーサイト
著作一覧
プロフィール

真山知幸

Author:真山知幸
真山知幸。執筆業。著書に『大富豪破天荒伝説』(東京書籍)、『君の歳にあの偉人は何を語ったか』(星海社新書)、『天才100の名言』『不安な心をしずめる名言』(PHP研究所)、監修に『恋する文豪』(東京書籍)など。他の筆名含めて著作は計23冊(うち監修2冊)。名古屋外国語大学で現代国際学特殊講義など。
【メール】
mayama.tomoyuki(at)gmail.com
※ (at) は @ に置き換えて下さい

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。