スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

逸話が人物像を形作り、人物像が逸話を際立たせる ~大久保利通の冗談~

Iwakura_mission.jpg

偉人の素顔に迫る場合に、エピソードの拾い方は、大きく分けて2つある。
「いかにもその人らしいエピソード」と「イメージにそぐわないエピソード」だ。

例えば、大久保利通についてならば、岩倉使節団の一員として、
アメリカとヨーロッパを廻ったときに、
ほとんど口を効かなかったというエピソードがある
(上記写真、一番右が大久保利通)。

これなんぞは、いかにも大久保らしい話である。
無駄口を叩くことは、ほとんどなく、
それがゆえに一言に重みがあったのが、大久保という人物である。

意見が対立しても

「なんじゃっちい」

の一言で、異論を押さえ込む威圧感が大久保にもあった。

それが通用しなかったのが司法卿の江藤新平であり、
征韓論では、大久保は弁が立つ江藤に征韓論の議論で完全に言い負かされている。
その屈辱が、江藤への冷酷な仕打ちにつながったとも言われているが、
冷酷な行動もまた、いかにも大久保らしいものとして、語られがちである。

しかし、一方で、大久保には、こんな茶目っ気のある一面もあった。

ある日のこと、大久保利通の自宅を訪れた高橋新吉が25ドルを忘れていった。
高橋は、後に日本勧業銀行の総裁となる人物である。
当時の25ドルといえば、富岡製糸工場の1年分の給料にあたる大金であった。

慌てた高橋のもとに、大久保の妻から連絡があったという。
そのとき、高橋が妻から聞いた大久保の言葉がこれだ。

「高橋は金持ちになったとみえる。
 彼が帰ったあとに札が25ドル落ちていたが、
 西洋の土産にくれたのじゃろう」

周囲が震え上がるほど威圧的な雰囲気を持つ一方で、
時には、こんな冗談も言う男だった。

また大久保は子煩悩で、
多忙の中でも家族の時間を大切にした。

どんな男でも、冗談を言うこともあるだろうし、
わが子を大切にする気持ちを持つのもむしろ、当然である。

それが意外な一面として語られること自体が、
大久保の政治官としての迫力を物語っているように思う。


スポンサーサイト

あらゆる仕事は「つぼみ」である ―柳田國男の『海南小記』―

200px-Kunio_Yanagita.jpg


序文をどう書くか。
口火を切るのに、逡巡のない書き手は少ないだろう。
僕も序文には、毎回のことながら、心を砕くことになる。

たとえば、柳田國男はこんなふうに序文を始めた。

「ジュネヴの冬は寂しかった」

『雪国の春』と並んで、
柳田國男の名紀行文として知られる『海南小記』の書き出しだ。
『海南小記』は、柳田が南九州・沖縄へ旅したときの紀行文である。



海南小記 (角川ソフィア文庫)


その序文では、異国地から来て、
日本の民族について深く研究した
チェンバレン教授について書かれている。
すでに第一線から退いたチャンバレンは
ジュネーブで静かに隠居生活を送っていたのだが、
柳田もまたジュネーブに出張中であった。
本書が「ジュネヴの冬は寂しかった」と
始まるのはそのためだ。

柳田は自分の今回の執筆について、
序文でこんなふうに表現している。
 
「事業は微小なりといえども、
 やがて咲き香う(におう)べきものの蕾(つぼみ)である。
 歌い舞うべきものの卵である」

 
だからこそだろう、
この序文は、静かな筆致ながらも、
柳田の並々ならぬ意欲を感じさせるものになっている。

あらゆる微小な事業は、蕾であり、卵である。
花が咲き、鳥が舞う、その日まで、
慌てずにじっくりと取り組んでいけばよい。



病気が天才を作る ―ゲバラと喘息―

guevara5.jpg

どういうわけだが、最近、風邪を引かなくなった。
僕がいう風邪とは「発熱」を指すので、
その手前の症状はなくもないんだけど
熱さえ出なければ、そこまで生活に支障はきたさない。
かつてはしょっちゅう引いていただけに不思議である。

しかし、病によって、健康であることのありがたさを知ることもある。
また、病で状況で制限されることで、思わぬ力が発揮されたりもする。
「天才」と呼ばれた人のなかには、病とうまく付き合ってきた人が少なくない。
彼もその一人だ。


チェ・ゲバラ - 旅、キューバ革命、ボリビア (中公新書)

革命家チェ・ゲバラは喘息持ちだった。
心配した両親がゲバラのために引越しを繰り返したのは有名な話だ。
だが、各国を放浪して、キューバ革命に身を投じていくなかでも、
ゲバラはいつも喘息と向き合わざるを得なかったのである。

己の弱さを知っている人間がいかに強いか。
正岡子規、ドストエフスキー、カフカ……、挙げればきりがないが、
病には、その人の才能を育み、行動に駆り立てる力があるように思う。

ちなみに、先に挙げたゲバラの本は伝記として良作である。
きちんと足跡をたどりながらも、ゲバラの心情に著者が思いを馳せている様子が伝わってくる。
著者なりのゲバラ観が実にいいバランスで綴られているのだ。
これが多すぎると自伝としては正確なものではなくなるし、
あまりにないと無味乾燥で退屈な、ただ正確なだけの伝記になってしまう。

ゲバラについては、世界を変えるにはどうすればよいのか、
理想だけではなく現実的な方法を模索していたと下記で著作で書いたが、
病とのこと、カストロとのことなど、ゲバラについては書きたいことは多い。


君の歳にあの偉人は何を語ったか (星海社新書)









26歳で県知事になった伊藤博文(書評『努力したぶんだけ魔法のように成果が出る英語勉強法』清涼院流水)

1c5c1e4e2546a424935eec33fed60986.jpg


26歳の若さで、兵庫県知事に
就任した人物をご存知だろうか?

先日、都構想が否決されて、
政界引退を表明した橋下徹が、
大阪府知事に就任したのが38歳。
当時、現職最年少の知事となったが、
この人物が知事になったのは、
それよりもさらに10年以上も若い。

そんな人物はいないはずだと思う人もいるかもしれない。
確かに北海道知事の田中敏文氏が
35歳5ヵ月で当選したのが、
最年少知事として知られている。

だが、それはあくまでも
「最年少就任公選知事」の話である。
公選される前は、国から派遣された
官選の知事が就任していた。

明治維新後、26歳の若さで、
初代の兵庫県知事となったのは、
後に初代総理大臣となる伊藤博文だ。

彼が26歳という若さにもかかわらず、
抜擢されたのには理由がある。
神戸港で外国人と交渉し、外交上の判断を
行えるだけの語学力を持っていたのが、
伊藤くらいだったからだ。

しかし、伊藤はそのつい6年前くらいは、
英語どころか攘夷思想によって
外国人を打ち払うことこそ理想だと考えていた。
それが、盟友の井上馨の勧められて、
一緒にロンドン留学を行ったことで価値観は一転。

帰国後、伊藤は井上とともに、決死の覚悟で
長州藩藩主に攘夷がいかに無謀であることを
伝えにいくことになる。

伊藤がもしロンドン留学を行っていなければ、
知事に就任することもなく、最年少で
内閣総理大臣になることもなかった可能性が高い。
彼の人生はもちろん、日本の行く末も
大きく変わっていたことだろう。

ちょうどそんな伊藤についての原稿を書きながら、
「語学力」がもたらす影響の大きさを
実感していたタイミングだっただけに、
流水さんの新刊を面白く読ませてもらった。


努力したぶんだけ魔法のように成果が出る英語勉強法


「魔法のように成果が出る」と謳われると、
つい身構えてしまう人もいるだろう。
奇妙キテレツで、かなり実践する人間を選ぶような
類の英語勉強法ではないか、と。

しかし、そんな杞憂は無用であることに
読み始めればすぐに気づくだろう。
珍しいことは何も書いていない、
基本も基本、ごく当然のことが書いてある。
しかし、これを実践している人は、
どれほどいるかといえば、かなり少ないのではないか。

例えば、英語を話したければ、
話す練習をしなければならない。
当たり前のことだ。

だが、CDでリスニングに励み、
文法をせっせと勉強しては「話せない」と
悩んでいるケースが少なくない。
それも無駄ではないだろうが、
話したければ、話す練習をまずすべきである。

「私は英語を話すのが苦手で、と思われている方には、
今までどのくらいスピーキングの訓練をされてきたのか、
自問してみてください」

そう勧める本書では、
「英語で脳内描写」など、
一人で明日からすぐできる方法が
紹介されているので、やってみるとよいだろう。

そもそも、
英語のスピーキングは何か
お金や時間をかけなければ伸びないものだという
先入観が強いように思う。

「英語を話したい=英語留学」と
考える人も少なくないし
(「語学留学」は内定が決まらない
大学生のメジャーな逃げ道である)、
そこまでしなくても、
英会話教室に通うことをまず考えがちだ。

だが、本書でも書かれているように、
ネイティブと話せば話すほど、
英語力がみるみる向上するというわけではない。

学校のクラスで外国からの
留学生を受け入れたことがあれば
思い出してもらえれば分かるだろう。

そう、

「ネイティブは相手のレベルに合わせて話す」

のである。

これは、自分が日本語を勉強している
外国人を相手にどんな会話をするか、
想像してみても、同じはずだ。
容赦なく、友達と同じような
日本語で会話するような非情さは
普通は見せないはずだ。

伊藤博文が英語力を伸ばせたのは、
武器購入にあたって外国商人と駆け引きをしたり、
お互いが本気になる外交交渉の場での
経験を積んだからにほからならない。

そんな真剣勝負における場面でも
揺るがない英語力を身につけるには
どうすればいいのか。

本書では、よくある誤解を解きながら、
具体的な方法が数多く示されているので、
今度こそ英語を身に付けたい人には
勧めたい1冊である。


【追記】

ちなみに、私は語呂合わせが大好きで
よく英単語を覚えていた。

邪道とみなされるので、
これまであまり言えずにいただけに、
本書では、語呂合わせの効用も書かれており、
なんだかうれしくなってしまった。

私が使っていたのは以下の本である。
いやあ、懐かしい・・・。
くだらないんだけど、頭に残るんだよなあ。


英単語連想記憶術〈第1集〉―心理学が立証した必須4000語の獲得 (青春新書)


どケチな石油王ゲッティの孫が遺体で発見

getty.jpg


唸るほどの財を石油ビジネスで稼ぎ出しながらも、
恐ろしくケチだったことで有名なポール・ゲッティ。
83歳でこの世を去ったとき、こんな弔辞を送られたくらいだ。

「ポールのことを思うとき、私は金を思う」

そんなポールの孫が、遺体で発見された。47歳だった。
場所はロサンゼルスのハリウッドの自宅で、死因は不明。
接近禁止命令が出されていた元交際相手の女性が現場にいたという。

石油王ゲティ氏の孫、遺体で発見=元交際女性を聴取-米ロス
http://www.jiji.com/jc/zc?k=201504/2015040100846&g=int

ポール・ゲッティといえば、孫のポール3世が誘拐されたときに
身代金を値切りまくったという伝説を持つ。
詳しくは『大富豪破天荒伝説』を読んでいただきたいが、
今回、遺体が発見された孫とは別人である。

その孫はその孫で、誘拐事件のストレスで
(というか祖父に身代金をねぎられたストレスかもしれない)、
麻薬常習者となり、4年前に54歳ですでに亡くなっている。

石油王ゲティの孫が死去、世紀の誘拐劇の被害者
http://media.yucasee.jp/posts/index/6575?la=bn05

偉人や天才と呼ばれるような人物、そうでなくても、
ゲッティのように莫大な富を築いた人物は、
どのような親子関係を築いていたのか。
また、破天荒すぎる親が子の人生に及ぼす影響は
いかなほどのものか。

富豪の子や孫の人生も楽なものではないのだろう。
偉人の息子もたいていは悲惨だったりする。
しかし、うまく自分の道をうまく見つけている
ケースも少なからずある。

恵まれた環境と、大きすぎる親の背中を
いわば、他人の目で分析しながら、
周囲の無遠慮な期待と勝手な失望をも
呑み込みながら、自分らしく生きていく……
ことができればいいが、言うはやすしで、
なかなかそうもいかないのだろう。


大富豪破天荒伝説 Best100大富豪破天荒伝説 Best100
(2014/08/27)
真山 知幸

商品詳細を見る



著作一覧
プロフィール

真山知幸

Author:真山知幸
真山知幸。執筆業。著書に『大富豪破天荒伝説』(東京書籍)、『君の歳にあの偉人は何を語ったか』(星海社新書)、『天才100の名言』『不安な心をしずめる名言』(PHP研究所)、監修に『恋する文豪』(東京書籍)など。他の筆名含めて著作は計23冊(うち監修2冊)。名古屋外国語大学で現代国際学特殊講義など。
【メール】
mayama.tomoyuki(at)gmail.com
※ (at) は @ に置き換えて下さい

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。