スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

坂崎重盛さんと山本容子さん

さきほど、不良隠居が語る「大人の友情の深め方」で、坂崎重盛さんと山本容子さんについて触れましたが、2人がコラボした著書があるそうです。


「絵のある」岩波文庫への招待「絵のある」岩波文庫への招待
(2011/02/09)
坂崎 重盛

商品詳細を見る



このカバーの銅版画が山本容子さんによるもの。素敵です。「ボンヴィヴァン」のマスターが早速教えてくれました。

岩波文庫の挿絵の本。早速読んでみることにします。


スポンサーサイト

不良隠居が語る「大人の友情の深め方」

神保町のワインバー「ボンヴィヴァン」が取り上げられたことをきっかけに、BSジャパンの『酒とつまみと男と女』を観るようになりました。

8月26日は「白金界隈」で、酔客は銅版画家の山本容子さん。なんだか、「不良隠居」と呼ばれるエッセイストの坂崎重盛さんの様子が違うんです。真剣モードなのだ。聞き役の春風亭一之輔さんが驚くほどに。

なんでも山本さんと坂崎さんは昔からの付き合いだとか。

「大人の友情の深め方は?」

坂崎さんの答えがよかったんですよね。


「気配を共有すること。
そして気配で深めていく」



大切な誰かと、よい酒が飲みたくなる番組です。


BSジャパン『酒とつまみと男と女』
http://www.bs-j.co.jp/saketsuma/index.html


編集者も読んでおきたい『似ていることば』(東京書籍)

似ていることば似ていることば
(2014/08/13)
おかべ たかし、やまで たかし 他

商品詳細を見る


著者のおかべたかし兄貴から献本いただきました。「目でみることば」のスピンオフ企画ということで、これまたよいところに目をつけたなあ、と。

「似ていることば」をテーマにした本はいくつか知っているし、読んだこともあるけれども、読んだときは納得しても、悲しいかな、しばらくすると、すっかり忘れてしまうのである。

その点、本書は「目でみる」企画のスピンオフなので、写真一発で印象づけられしまう。下記は誌面そのものではなくて、誌面を生かした書店さんのPOPである。

20140812120333.jpg
20140812120342.jpg

『目で見ることば』は、このブログで、子供の自由研究に、と書いたのだけれども、今回は編集者が校正力をつけるのに、非常によいのではないかと(笑)。上の「表す」と「現す」、「形」と「型」もそうなんだけど、結構、迷うのが、こんなかでいくつもあるのね。「赤らむ」と「明らむ」とかも、写真でみればすごくわかりやすいんだなあ。

誰もが、日常で「あれ?」と思うところを、すっきりさせてくれる。もうこのまんま、テレビ化できそうな気もするなあ。NHK教育テレビ『シャキーン』のワンコーナーでやっていても何の違和感もないもんね。


新刊の表紙がなんだかスゴい

61QOxBYp5g.jpg



おおおお・・・。



大富豪破天荒伝説大富豪破天荒伝説
(2014/08/27)
真山 知幸

商品詳細を見る
著作一覧
プロフィール

真山知幸

Author:真山知幸
真山知幸。執筆業。著書に『大富豪破天荒伝説』(東京書籍)、『君の歳にあの偉人は何を語ったか』(星海社新書)、『天才100の名言』『不安な心をしずめる名言』(PHP研究所)、監修に『恋する文豪』(東京書籍)など。他の筆名含めて著作は計23冊(うち監修2冊)。名古屋外国語大学で現代国際学特殊講義など。
【メール】
mayama.tomoyuki(at)gmail.com
※ (at) は @ に置き換えて下さい

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。