スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

震災から3年、鴨長明の警告


「すなはちは、人みなあぢきなき事を述べて、
 いさゝか心の濁りもうすらぐと見えしかど、
 月日重なり、年経にし後は、
 ことばにかけて言ひ出づる人だになし」


(直訳:大震災の直後には、誰もが無常を語り、
 心の濁りも薄らいだように思われたが、月日が重なり、
 何年か過ぎた後は そんなことを言葉にする人もいなくなった)


50ef1ec7bbcbf10677e37c3fbcd3a0f4.jpg



平安末期~鎌倉初期の激動期に書かれた、鴨長明「方丈記」。
前半は客観的な災害ルポでその視点は鋭い。

なるべく風化させないことはもとより、
それでも風化してしまうことを前提とした、
取り組みが必要なのだろう。



スポンサーサイト
著作一覧
プロフィール

真山知幸

Author:真山知幸
真山知幸。執筆業。著書に『大富豪破天荒伝説』(東京書籍)、『君の歳にあの偉人は何を語ったか』(星海社新書)、『天才100の名言』『不安な心をしずめる名言』(PHP研究所)、監修に『恋する文豪』(東京書籍)など。他の筆名含めて著作は計23冊(うち監修2冊)。名古屋外国語大学で現代国際学特殊講義など。
【メール】
mayama.tomoyuki(at)gmail.com
※ (at) は @ に置き換えて下さい

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。